自動車ローンの一括返済や繰上げ返済はお得⁉︎~知って得するお金のお話~

こんにちは!マックです^ ^

車をローンで購入し数年間支払いもしてくると、色々と環境も変わるもの。

住宅を購入することもあるでしょうし、家族が増えることもあるでしょう。

特に住宅ローンを組む際などには、車のローンは無くしておきたいものです。

でも自動車ローンってそもそも一括返済繰上げ返済ってできるのか?できるのであればどういったメリットがあるのか?っていうこともわからないと思います。

そこで今回は、この自動車ローンの一括返済や繰上げ返済について説明をしていきたいと思います。

今自動車ローンの一括返済や繰上げ返済をしようか悩んでいる方は、ぜひ、当ブログを参考にしてみてくださいね^ ^

スポンサーリンク

そもそも自動車ローンは一括返済や繰上げ返済を受付してくれるのか?

まず結論から言うと、一括返済しか受付していない場所もあれば、一括返済と一部繰上げ返済どちらも受け付けてくれる場所もあると言うことです。

利用者側からすると、環境に応じて返済を増やしたり完済したりとしたいものですが、ローン会社や金融機関というのは利息で利益をあげている会社です。

なので一部繰上げ返済や一括返済をされてしまうと、利息がもらえない=利益が出ないという図式になりますので、あまり嬉しいことではないんですね。

なので、各ローン会社や各金融機関は一部繰上げ返済・一括返済どちらも対応しているところもあれば、一括返済しか受け付けないという場所など、その対応はマチマチです。

なので、今繰上げ返済などを考えているのであれば、まず利用しているローン会社や金融機関に確認を取る必要があります。

一括返済や繰上げ返済すると手数料がかかる場合がある

先ほども説明したように、金融機関にとって繰上げ返済や一括返済というのはあまり嬉しいことではありません。

なので早期の返済をする場合は手数料をとりますよってことなんですね^ ^

これは契約時にも約款などに必ず記載されていることではありますが、結構見落としてしまうこともシバシバ。

場合によってはこの手数料が無料だということを売りにしている場所もあるので、自動車ローンを組む際には確認しておきたい項目です。

各金融機関の繰上げ返済手数料

自動車ローンを取り扱いしている金融機関は多々あります。

ここでは一部を抜粋して掲載しておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

金融機関 繰上げ返済の種類 手数料
三菱東京UFJ銀行 一部・全額 5,400円(消費税込)※ネット手続きは無料
三井住友銀行 一部・全額 5,400円(消費税込)
りそな銀行 一部・全額 都度確認
横浜銀行 一部・全額 一部:5,400円(消費税込)

※ネット手続きは無料

全額:3,240円(消費税込)

千葉銀行 一部・全額 5,400円(消費税込)※ネット手続きは無料
静岡銀行 一部・全額 6,480円(消費税込)
湘南信用金庫 一部・全額 無料
中央労働金庫 一部・全額 無料
日産フィナンシャルサービス 全額のみ 都度確認
損保ジャパン日本興亜マイカーローン 全額のみ 5,400円(消費税込)

各社比較してみると5000円〜6500円くらいの幅が多いですね^ ^

信用金庫や労働金庫は基本的に無料で対応してくれるところが多かったです。

ただし印紙代などは実費としているところがほとんどではあったので、検討している方は一度確認をしてみるといいかもしれませんね^ ^

またインターネット手続きの場合は手数料無料のところもありました。場合によっては一部繰上げ返済だけネット受付と言った場所もありましたので、何れにしても利用している金融機関に確認を取るようにしてください。

繰上げ返済はいつでも出来る訳ではない?

どういうこと?って思うかもしれませんが、金融機関よっては、この繰上げ返済の手続きを出来る期間に、ある一定の制限をかけている場合があります

例えば上記で説明をしたりそな銀行などの場合、次のような取り決めになっています。

  • 通常の返済とは別に、お借入金の一部をご返済する手続きや、ご返済期日到来前にお借入金全額をご返済する手続ききも可能です。一部をご返済する場合、方法によっては返済時期、返済金額等に制限がありますのでご了承ください。

具体的な金額や時期について記載はないものの、制限があるという旨は記載されていますね^ ^

これはあくまで例ですが、繰上げ返済をしようとしている時期や金額によっては、一定の制限がある場合もあるということは、理解しておくべきだと思います。

スポンサーリンク

自動車ローンは繰上げ返済をすると得するのか?

ここまでの説明で自動車ローンの繰上げ返済については、各金融機関で一部なのか全額なのか対応がマチマチということがお分りいただけたと思います。

利用者からすると、繰上げ返済をすることで借金を減らす・金利分が得したいなどのニーズがあると思います。

では実際に繰上げ返済をした場合、どれくらいのメリットがあるのか?またどういった場合にデメリットが出てくるのか?について、説明していきます。

一部繰上げ返済は手数料が無料でないとあまり得はしない

先ほども説明しましたが、繰上げ返済をする際には、手数料がかかります。

平均すると5000円〜6500円の間でしたね^ ^

この手数料というのは、繰上げ返済をするたびにかかる手数料なので、細かい頻度で繰上げ返済をするのはいい方法とは言えません。

少し例にして説明します。

試算条件
  • 借入額:300万円
  • 返済方式:元利金等
  • 金利:5%
  • 返済期間:5年(60回)


これらの条件を元に、借り入れから3年目に50万円一部繰上げ返済した場合と、繰上げ返済をしなかった場合を試算してみます。

返済総額 利息 差額
繰上げ返済なし 3,396,793 396,793
3年後に繰上げ返済 3,354,167 354,167 42,626

このように、3年目に1回50万円を繰上げ返済することで出る差額は、全体で42,626円です。

さらにここから繰上げ返済をする際にかかる手数料が差し引かれますので、実質的な差額はさらに下がってしまいます。

繰上げ返済をする時期でも金利の差額は変わる

今説明したように一部繰上げ返済は、全体的にみてもそこまで大きい差額にはならないのが理解できたと思います。

さらにいうと一部繰上げ返済の場合、時期によっても金額が変わってくるということを少し説明します。

先ほどと同じ条件で、1年後に50万繰上げ返済をした場合と比較してみます。

返済総額 利息 差額
繰上げ返済なし 3,396,793 396,793
3年後に繰上げ返済 3,354,167 354,167 42,626
1年後に繰上げ返済 3,298,453 298,453 98,340

ご覧のように、借り入れた時期から早い時期に繰上げ返済をした場合、差額が大きくなりましたね^ ^

ここからさらに手数料は差し引かれますが、早い時期の繰上げ返済の場合は、返済額が大きくなるほどお得になると言えます。

しかし逆に、遅い時期の繰上げ返済や少ない金額で多く繰上げ返済をするのは、あまりお得にはならないということです。

当然これは全額繰上げ返済の場合も同じで、早い時期に全額繰上げ返済を行うことで、得られる金利の差額は大きくなります。

なので理想を言えば、早い時期に完済するのが一番良いということになりますが、あまり現実的ではないですよね^ ^

まとめ

繰上げ返済をした場合、まずは金融機関によって全額・一部と返済できるできないがあるということは理解しておきましょう。

また繰上げ返済ができる場合も、手数料がかかる場合がほとんどということも覚えておく必要があります。

一番効率よく得するには、早い時期に多めの金額を返済するのが一番得しますが、その後の返済なども考慮して無理のない金額で返済することをオススメします^ ^

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。