【得する話】自動車ローンで金利の安いところ比較してみた結果!

こんにちは!マックです^ ^

これから車を購入する人にとって、自動車ローン選びは重要なこと。

低金利のローンを組むことで、総額の支払いも減り、月々の負担も減るので悩みどころですよね^ ^

そこで今回はこれから自動車を購入する人で、自動車ローン選びに迷っている方向けに、当ブログで各金融機関を比較してみようと思います!

ぜひ自動車ローンの比較検討材料にしてみてくださいね^ ^

この記事で解決できること

  • 自動車ローンの選び方がわかる
  • ローン会社を比較する際の注意点がわかる
  • 低金利の自動車ローンを知ることができる
スポンサーリンク

自動車ローンで金利の安いところを選ぶコツ

これまでに何度か説明してきた自動車ローンの金利。

自動車ローンの場合、金利が数%違うだけでも支払い総額が数十万円と変わってくるローンです。

最短でも3年から最長で10年と、ローンの中でも比較的長期の部類に入ります。

なので現在の状況だけをみて金融機関を決めてしまうのではなく、きちんと将来設計も考えた上で金融機関を選ぶと、結果的に得するとも言えます。

ではその自動車ローンを選んでいく際には、どういった部分を見ながら比較していったらいいのか?

この点について説明をしていきます。

まずは自動車ローンの金利をチェック

まず金融機関を選ぶ際にチェックするのが金利です。

金利には〇〇%〜〇〇%と記載されていることがほとんどですが、ここで確認しておくところは、上限金利の部分

例えば金融機関の金利の部分に、3%〜5%と記載されていたのであれば、チェックするのは5%の部分になります。

利用者側の心理からすると、低い方の金利に目が行きがちですが、この金利の振り幅というのは金融機関の審査をした上で決まります。

なので申込者の属性次第では、上限金利が適用されることも当然あります。

申し込みをしたら思っていた以上に高かった!とならないように、事前に比較検討する場合が、必ず上限金利で比較していくようにしましょう。

ここが自動車ローンの盲点!【保証料の有無】

自動車ローンを比較していく際には、金利にばかり目が行きがちですが、金利だけを見ていくと損する場合もあるので、注意が必要です。

自動車ローンを比較する場合、金利と一緒に見なければならない部分が「保証料」になります。

この保証料とは自動車ローンを組んだ際、申込者が返済不能になった場合にローン会社に対して代位弁済等の保証をしてくれる会社に対して支払いをする料金です。

通常、どの自動車ローンも「保証人不要」「無担保」と記載はされていますが、これはあくまで申込者に対する者で、実態は保証会社が保証をするから不要ですよってことなんですね^ ^

ここの部分については、前回の記事でも説明をしているので合わせてご覧ください。

車のローンは審査に保証人は求められる?-必要ない場合とある場合の違い-

2019.02.08

当然、保証会社は無料で保証をしてくれるわけではないので、保証料を支払いますが、この保証料が自動車ローンの場合「金利に含まれている場合」と「金利に含まれていない場合」があるので注意が必要。

金利に含まれている場合は、別途費用がかからないので平気ですが、金利に含まれていない場合は要チェックです。

金利に保証料が含まれていない場合、「現金一括払い」もしくは「金利に上乗せ」の2パターンがあります。

現金一括払いの場合は、自動車ローンを利用した場合に先に支払いをします。金利に上乗せの場合は、現状の金利に数%上乗せをして毎月支払いをして行きます。

ここを見落としてしまうと、当初予定している内容とだいぶ変わってきてしまうので、注意してくださいね^ ^

金融機関もあまり言いたくないことなのか、この「保証料は別途必要」を小さく表記しているところが多いので、注意して見るようにして見てください。

固定金利と変動金利も確認をする

自動車ローンの金利には、固定金利型と変動金利型があります。

この金利の種別については以前に説明をしていますので、合わせてご覧いください。

自動車ローンは金利が重要!事前に計算シュミレーションできるサイト5選!

2019.02.09

このように固定金利は金利に変動がないため、返済計画が立てやすいが金利が高いという特徴があり、反対に変動金利は金利が安い分、金利変動があると説明をしました。

でもどちらを選んで行けばいいの?と悩んでしまうと思いますので、世間一般で言われている固定金利と変動金利の選び方を記載しておきます。

  • 返済期間が長期の場合、固定金利
  • 返済期間が短期の場合、変動金利

これは固定金利は金利変動がなく返済計画が立てやすいので、長期返済に向いているということと、短期間であれば金利変動のリスクも少ないので、金利の安い変動金利にしましょうということなんですね^ ^

しかし近年の動向では、金利変動はあまりしていないので、金利の安い変動金利型を選んだ方がいいと言われています。

また、金融機関によっては、どちらか一方のタイプしか扱っていな場合などもあるので、商品概要は必ず見るようにしましょう。

安い自動車ローンの金利を利用するにはキャンペーンも要チェック!

金利を安くするには、各金融機関のキャンペーンや金利優遇を受けるのも有効です。

ただし、これらのキャンペーンや金利優遇は、各金融機関によって内容がマチマチなので、都度、ピックアップをしていく必要があります。

また、期間限定のキャンペーンなども実施されていることがあります。決算月の3月・9月・12月は実施されることが多いので、チェックをしてみましょう。

スポンサーリンク

自動車ローンの金利が安い金融機関ベスト3!

自動車ローンを取り扱いをしている金融機関は多くありますが、金利を比較した場合は銀行系が圧倒的に安いです。

ここでは金利が安い銀行系の自動車ローンを、3つピックアップをしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ジャパンダ・ネットマイカーローン


ジャパンダ・ネットマイカーローンは、損保ジャパン日本興亜が提供している自動車ローンです。

固定金利のため返済計画も立てやすく、さらに低金利のためこれから自動車ローンを探す人にはオススメです。

申し込みもインターネットからできるので、時間のない人でも簡単に申し込みができます。



金利 年1.9%〜2.85% 金利種別 固定金利
保証料 保証料込み 総合評価 ★ ★ ★ ★ ★

ネットDEマイカーローン


ネットDEマイカーローンは、三菱東京UFJ銀行が提供している自動車ローンです。

キャンペーン期間中の金利が非常に低金利で、大手銀行が提供している自動車ローンなので安心感が違います。

メガバンクでは珍しくネット完結のできる自動車ローンで、事前審査も最短即日で回答されます。



金利 年1.7%〜2.45% 金利種別 変動金利
保証料 保証料込み 総合評価 ★ ★ ★ ★ ☆

静岡銀行マイカーローン


しずぎんマイカーローンは、静岡銀行が提供している自動車ローンです。

保証料も銀行負担で金利自体も低金利と安く、さらに2回目以降は再審査なしのため繰り返し自動車ローンを利用する人にはオススメです。

申し込みもインターネットからできるので、時間のない人でも簡単に申し込みができます。



金利 年2.4%〜3.4% 金利種別 変動金利
保証料 保証料込み 総合評価 ★ ★ ★ ☆ ☆

まとめ

今回の内容はいかがでしたか?

自動車ローンも色々な金融機関が取り扱いをしているため、なかなか選ぶのにも苦労するかとは思いますが、「保証料」「金利」「金利種別」などを比較しながら検討していくとわかりやすいです。

今回紹介した金融機関は、保証料が金利に含まれていて、かつ低金利のものをご紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね^ ^

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。