自動車保険のファミリーバイク特約が割と使えるって話【特徴を解説】

こんにちは!マックです^ ^

車の場合、維持費などもそこそこかかるということもあり、原動付自転車や125cc以下の小型バイクを乗る人も増えてきましたよね。

でもバイクの場合は車と違って、事故を起こした場合は怪我をするリスクは高いので、最近では任意のバイク保険に加入する人も増えました。

でも実は自動車保険に「ファミリーバイク特約(原付特約)」という特約があります。

この特約が割と使えるので、原付に乗っているもしくは家族に乗っている人は知っておいても損はないと思います。

というわけで、今回はこの「ファミリーバイク特約」について深掘りをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ファミリーバイク特約とは?【前提知識】

ファミリーバイク特約とは、単独で加入するバイク保険とは違い、自動車保険に付帯する特約のことを言います。

その特徴は以下の通りです。

  • 主に125cc以下の原付を補償対象としている
  • バイクは何台でも補償対象
  • 全年齢が補償範囲
  • 対人・対物賠償の補償

では個別に説明をします。

主に125cc以下の原付を補償対象としている

ファミリーバイク特約では、基本的に125cc以下の原付を補償対象としています。

具体的には、

  • 総排気量125cc以下の二輪車
  • 50cc以下の三輪車以上の車

となっていいて、基本的に道路運送車両法で定められた「原動付自転車」とされています。

バイクは何台でも補償対象

ファミリーバイク特約では、1つの契約で複数台のバイクを補償することができます。

通常のバイク保険の場合は1台づつの契約になりますが、ファイミリーバイク特約では1契約で複数台をカバーできるので、保険料の負担を抑えることができます。

友人から借りた原付も補償対象

また場合によっては、友人から一時的に原付を借りて乗車することもあるかもしれません。

そういった場合も、ファイミリーバイク特約は補償範囲としているので、仮に事故を起こしてしまった場合も補償がされます。

全年齢が補償対象

ファミリーバイク特約には、通常の自動車保険などにある運転者限定や年齢条件などはありません

補償対象としているのは、

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者または配偶者の同居の親族
  • 記名被保険者または配偶者の別居の未婚の子

とされています。

なので子供(息子・娘)が原付を使っているという場合も、この特約一つでカバーすることもできます。

対人・対物賠償の補償

ファイミリーバイク特約では、対人・対物賠償保険を基本補償としています。

なので事故を起こした場合、相手側の治療費・修理費などはここの部分から補填することができます。

通常の自賠責保険では対人賠償はあるものの対物補償がないため、バイク保険やファミーバイク特約がないと自費で賠償する必要があります。

しかしこれらの特約などをつけておくことで、事故発生時にも自費で賠償する必要が無くなります。

車大好きマック
対人・対物賠償は基本的に相手側の補償です。

事故が起きた場合、自分の怪我や車の修理は補償範囲でないので覚えておきましょう^ ^

スポンサーリンク

ファミリーバイク特約の種類と補償範囲

ファミリーバイク特約には大きく分けて2種類あります。

  1. 自損傷害型
  2. 人身傷害型

先ほども説明したように、対人対物賠償は基本的にどちらも付帯していますが、これらは自分自身の補償をどうするか?という部分で内容が変わってきます。

ではどのように違うのか?具体的に説明をしていきます。

自損傷害型

名前の通り自損傷害型は、自損事故などで自分自身が怪我をした場合に補償がされるタイプです。

また補償される金額も、あらかじめ決められた金額を支払う定額型となっている場合が多いです。

対象範囲 補償金額
自損事故 定額型

人身傷害型

反対に人身傷害型の場合、自損事故以外でおきた自分自身の怪我なども補償範囲としています。

また補償される金額も実損型としているところが多く、事故が起きた場合は約款で定められた損害額算定基準に基づいて、保険金が算出されます。

対象範囲 補償金額
自損事故以外も補償範囲 実損型

ファミリーバイク特約とバイク保険の違い【比較】

ファミリーバイク特約と比較する保険といえば、バイク保険。

ではこのバイク保険とファイミリーバイク特約では、具体的にどこがどう違うのか?

この辺りを簡単にまとめると、

  • ロードサービスが付帯しない
  • 等級に影響されない
  • 単体では加入できない
  • 保険料が安い

では説明をします。

ロードサービスが付帯しない

自動車保険には必ずと言っていいほど付帯するサービスの一つに、ロードサービスがあります。

これはバイク保険も同様に付帯するケースが多いです。

しかしファミリーバイク特約の場合はロードサービスが付帯しないことが多いため、サービスを受けたい場合は別途JAFなどに加入する必要があります。

等級に影響されない

通常の保険は等級が上がるにつれて保険料も下がります。

しかしファミリーバイク特約の場合、等級には影響されないため、当然保険料も一定です。

その反面、事故を起こした場合も等級に影響されないため、等級が下がって保険料が上がると言ったこともありません。

単体では加入できない

また通常の単体の保険商品でないため、ファミリーバイク特約だけを契約すると言ったことはできません。

これはあくまで付帯特約であるため、任意の自動車保険に加入している必要があります。

保険料が安い

ファミリーバイク特約の特徴は何と言っても保険料の安さ。

通常のバイク保険だと2〜4万円程度かかってくる保険料も、この特約であれば1万円前後に抑えることができます。

とは言うものの等級にも影響されないため、いくら継続しても保険料は一定です。

その反面、最初は高いバイク保険も継続をすることで等級も下がるため、当然保険料も下がりますが、総支払額を比較すると反転するまでには相応の期間が必要です。

なのでどちらがいいかと問われると難しいところではありますが、そこまで長期的に考えないのであれば、ファミリーバイク特約の保険料は安いと言っていいと思います。

まとめ

今回の内容はいかがでしたか?

身内で原付に乗っている人がいるのであれば、対象範囲も広いファミリーバイク特約はなんだかんだでオススメです。

ただバイク保険など色々と選択肢があるので、加入する際には自身の状況に応じて選ぶのが最適ですね^ ^

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。