車検の頻度(周期)ってどれくらい?-事前に覚えておきたい有効期間-

こんにちは!マックです^ ^

毎回、定期的にくることといえば忌まわしき税金の他に、車検がありますよね^ ^

頻度も多いわけでもないので、どれくらいの周期でやるんだっけ?みたいなこともあるのではないでしょうか。

日本の場合は、車検は車を乗る上では義務付けられているものなので、うっかり忘れてしまったりすると罰則まであるので、気をつけなければいけません。

そこで今回は、この車検の頻度・周期についてまとめていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね^ ^

この記事で解決できること

  • 車種別の車検の周期・頻度がわかる
  • 10年越えの車の取り扱いについて知ることができる
  • 車検の有効期間を確認する方法がわかる
スポンサーリンク

車検の頻度・周期を確認しよう!【車種別編】

車検の場合、1年・2年・3年と乗っている車によって、その頻度が変わってきます。

また新車・中古車でも期間が変わるので、自分の乗っている車の種別確認する必要があります。

そこで、ここでは車種別の一覧表を作成しましたので、確認してみましょう。

車検頻度一覧表

車種別 有効期間
新車(初回) 中古車(2回目以降)
自家用乗用車 3年 2年
軽乗用自動車 3年 2年
小型自動車二輪 3年 2年
軽貨物自動車 2年 2年
大型特殊自動車 2年 2年
レンタカー 1年 1年
バス・タクシー 1年 1年
貨物自動車 8トン以上 1年 1年
8トン未満 2年 1年

上記の図のように、乗っている自動車の種類によって車検の頻度は変わります。

また、新車なのか中古車なのかによっても期間が変わりますので、注意してください。

自家用車の場合は、普通車も軽自動車も新車の場合は3年で、2回目以降の車検は2年周期で行います。

ただし注意しておきたいのは、キャンピングカーなどで8ナンバーを取得している特殊車両については、新車及び2回目以降の車検も2年周期となります。

スポンサーリンク

10年越えの車は車検頻度が変わる??

車検についてよく聞くことが、「10年越えの普通車は車検の頻度が1年に変わる」という内容。

これは以前の道路運送車両法という法律が、10年以降の車両については車検期間を1年としていたために出てくる話なんですね^ ^

でも現在はこの法律も変わり、10年以降の車両の取り扱いについても、普通車の車検頻度は2年となっていますので、車検頻度は2年が正解です。

これは自動車の性能もよくなったことで、法律改正がされたのだとは思いますが、この法律改正がされたのも1995年とおよそ24年前の話。※2019年現在

ここからさらに自動車の性能は上がっていて、車齢(車の寿命)が伸びていることからも、また法律改正があるかもしれませんね^ ^

車齢については、以前にも少し説明をしているので、合わせてご覧ください。

車の買い替えサイクルはどれくらい?目安をわかりやすく解説!

2019.01.04

走行距離でも車検の頻度は変わる?

年数と合わせてきになるので、車の走行距離。

走行距離が伸びてくると、当然車もメンテナンス頻度が増えるので、車検の頻度も変わるのかなと思いますが、走行距離で車検の頻度・周期が変わることはないので安心してください。

車検の頻度はあくまで車種別で決めているので、年式や走行距離などで車検頻度が変わることはありません。

ただし税金は上がるので注意が必要

車検の場合、走行距離や年数が増えても行う頻度は変わりませんが、年数が13年立ってしまった場合は、税金が上がるので注意が必要。

税金について以前にも少し説明をしているので、合わせてご覧ください。

車を売却する際の税金(自動車税と重量税)についてまとめてみたよ

2019.01.05

車検がなくても日々のメンテナンスは重要

ここまでで車検の頻度についてはある程度理解してもらえたと思いますが、車検がないからと言ってメンテナンスを怠ることはやめましょう。

車検はあくまで法定点検であって、日々の車のメンテナンスはドライバーに一任されています。

車のメンテナンスには、オイル交換やタイヤ交換などがありますが、これらを日々きちんと行うことで、車はいい状態を保つことができます。

車はガソリンを入れなければ走りませんが、オイルがなくてもタイヤがなくても走りませんので、ガソリン給油と同じ感覚で、メンテナンスをするように心がけましょう。

このメンテナンスの重要性については、以前にも説明をしているので参考にしてみてください。

中古車を売る際にチェックしておきたい4つのポイント!

2019.01.08

次回の車検頻度・期限をすぐに確認する方法

上の表で自分の車種別と車検頻度がわかったら、次回の車検がいつなのかを確認しておきましょう。

車検の場合は通知がくるわけでもないので、ある程度意識して乗っていないと気づいたら車検の時期を過ぎていたなんてことにもなってしまいます。※場合によっては、車を購入した販売店からメンテナンスのお知らせとして連絡がくることもあります。

車検の満了日を確認する方法は2通りあります。

  1. 車検証
  2. 車検シール

まず車検証の場合ですが、車検証には必ず「有効期間の満了する日」という記載があります。

そこに今乗っている車検の有効期間が切れる日付が記載されているので、その日までに車検を取る必要があります。

次に車検シールですが、これは乗っている車のフロントガラスに必ず貼ってあるシールのことを言います。

これは表から見た場合、車検の有効期間が満了する「」が表示されていて、車内から見た場合は、車検の有効期間が満了する「年月日」が記載されています。

どちらも数字が書いてあるので混同しやすい部分ではありますが、間違い無いのは車内からみて、年月日を確認するのがいいでしょう。

まとめ

今回の内容はいかがでしたか?

車検はたまにしかやらないことなので、どれくらの頻度・周期なのかを忘れてしまうこともあるかと思います。

うっかり忘れて罰金を取られることのないように、当ブログを参考にしてもらえればと思います。

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。