水素自動車の燃費はガソリン車と同等⁉︎

こんにちは!マックです^ ^

トヨタのミライを筆頭に、世に送り出されている水素自動車ですが、車といえばやはり燃費も気になるところ。

ガソリン車やハイブリット車の場合、最近では実燃費でも20km/lを超えるようなものも珍しくはありません。

日常的に車を乗る人にとっては、この燃費は家計にも直結するので、特に気になりますよね。

そこで今回は、水素自動車の燃費はどれくらいなのか?

という部分いフォーカスして、深掘りをしていこうと思います。

スポンサーリンク

水素自動車の燃費はガソリン車と同等⁉︎

今国内で発売されている水素自動車には、トヨタのミライやホンダのクラリティFUEL CELLなどがあります。

  • ミライは航続距離が約650km
  • クアリティFUELCELLは航続距離が約750km

ミライは航続距離が650km

トヨタが発売している水素自動車のミライは、水素タンクを2個搭載しています。

その容量は前方に60L・後方に62.4Lの合計で122.4Lとなっていて、カタログ上だと最大約5kgの水素が充填可能です。

とはいえ現行の水素ステーションでは、約4.3kg程度の充填とのこと。

現状、水素の価格は1kgあたり1000円程度と言われていますので、満タンにすると概ね4300円の燃料費(水素)がかかります。

これを航続距離である650kmで割ると、1kmあたり6.6円程度かかってくる計算になります。

クラウン2.0Gと比べてみた

クラウン2.0Gの場合、タンク容量が66Lでカタログ上の燃費は12.8kmとなっています。

なので満タン時の最大航続距離は844.8kmとなりますね。

66Lに140円のガソリン代をかけると、満タン時の燃料費は9240円になります。

これを最大航続距離で割ると、1kmあたり約11円になります。

ミライが6.6円ですから、その差は約4.4円。

この辺りの比較対象をどれにするかによって、だいぶ話も変わりますが、現行のガソリン車よりはカタログ上でもいいと言うことになりますね。

クアリティFUELCELLは航続距離が約750km

次にホンダが発売しているクラリティFUEL CELLになりますが、その航続距離はなんと750km。

クラリティFUEL CELLもミライ同様に水素タンクを2個搭載していて、その容量は最大で5kg。

満タン時の燃料費は5000円程度になり、これを航続可能距離で割ると、1kmあたり6.6円になります。

なので、クラリティFUEL CELLも現行のガソリン車よりは燃費がいいと言うことになります。

とは言うものの、ミライもクラリティFUEL CELLもカタログ上の数値になるので、実際の走行ではさらに燃費が悪くなることは想定できます。

スポンサーリンク

水素自動車の燃費はさらに下がる⁉︎

現行のガソリン車と比べた場合は燃費がいいものの、ハイブリット車などと比べた場合はそこまで変わらない水素自動車。

しかし今後の話をするのであれば、水素自動車の燃費はまだまだ下がるかもしれません。

と言うのも、政府が推進している「水素基本戦略」の中には、2050年を目標に、水素の価格を現在の5分の1にするとしているからです。

先すぎて話にならないな…

と思うかもしれませんが、これは段階的に下がっていくようで、2030年頃には現在の3分の1を目指すとされています。

事実、ここ数年で水素の価格帯は徐々に下がってきています。

燃料費の鍵とも言える水素の価格が、さらに抑えられていくとトータルの燃料費はさらに下がります。

なので水素自動車の普及が後押しして、さらに車体や水素の価格帯が抑えられるかもしれませんね。

まとめ

今回の内容はいかがでしたか?

想像しているよりは燃費もいい水素自動車ですが、さらに車体価格なども下がってきてくれると、普及が進むかもしれませんね^ ^

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。