自動車ローンは金利が重要!事前に計算シュミレーションできるサイト5選!

こんにちは!マックです^ ^

最近では低金利の自動車ローンの商品が多くありますが、多すぎてどれにしようか悩んでしまうことも多いですよね^ ^

自動車ローンに限らず、ローンを組む際に非常に重要になってくるのが金利

でもこの金利って記載されていても、消費者側が比較するのって難しいですよね^ ^

そこで今回は、この自動車ローンを選ぶ際に重要な金利を、簡単に計算できるシュミレーションサイトを厳選してご紹介します。

金利について詳しくない人でも、簡単に無料で利用できるものをご紹介しますので、自動車ローンを選ぶ際にはぜひ参考にしてみてください^ ^

この記事で解決できること

  • 固定金利と変動金利に違いがわかる
  • 返済方式について理解できる
  • 無料で利用できるシュミレーションサイトがわかる
スポンサーリンク

事前に自動車ローンの金利を計算する重要性

事前に自動車ローンを計算しておくことは非常に重要です。

自動車ローンを利用する場合、借入額ばかりに目が行きがちですが「金利」と言うのは後々の返済にも大きく関わってきます。

あらかじめ金利について多少でも理解しておくことで、結果的に得することにもなりますので、ここから先の説明を参考にしてみてくださいね^ ^

自動車ローンの金利相場

自動車ローンには大きく銀行系・信販系・ディーラー系の3つの種類があります。

厳密にいうとディーラー系も信販系の部類にはなりますが、ここでは分かりやすく3つとして説明をします。

銀行系の特徴としては低金利が挙げられますが、金利が低い分、当然審査も他のものに比べて厳しくはなります。

次に信販系の自動車ローン。これらのローンは銀行系に比べて審査がゆるいですが、逆に金利が高いのが特徴です。

最後にディーラー系ですが、基本的な特徴は信販系と同じです。では信販系を利用するのと何が違うのかといえば、手続き関連が簡単になるということです。

車の購入からローンの審査・実行までを一つの場所で完結できるので、わずらわしい手続きの行ってこいをする必要がありません。

しかし当然、金利自体は銀行系に比べると高いので、金利に焦点を当てた場合はベストな選択とはいえません。

種類 メリット デメリット
銀行系ローン 低金利 審査が厳しい
信販系ローン 審査がゆるい 高金利
ディーラー系ローン 審査がゆるい・購入手続きが楽 高金利

固定金利と変動金利

自動車ローンの金利には固定金利と変動金利というものがあります。

それぞれにメリットデメリットがあるので、この固定金利と変動金利について理解をしておきましょう。

固定金利のメリット・デメリット

固定金利型の場合、契約した際の金利が期間中は変わらない商品のことを言います。

例えば契約時に固定金利5%として契約した場合、その後の支払い時もずっと金利は5%が適用されます。

市場の影響を受けて金利に変動がない分、返済計画も立てやすいというのがメリットといえます。

しかし固定金利の場合、金利変動がない分、当初に設定される金利自体が高く設定されていることが多いです。

なので低金利の自動車ローンを組みたい場合、固定金利ではなかなか見つからないことがほとんどではあると思います。

しかし時期などによっては、金融機関がキャンペーンなど拡販をしていることもあるので、穴場を見つけて契約することも一つの選択肢です。

変動金利のメリット・デメリット

変動金利は固定金利の反対で、景気状況をみながら金利が変動をしていく商品のこと言います。

つどつどの市場状況で金利を見直すタイプなので、契約時と金利が変わってしまうことがあります。

当然金利が契約時よりも高くなってしまうこともあるので、安定した返済計画が立てづらいという部分もあります。

しかしその分契約当初の金利は、固定金利より低く設定をされている場合がほとんどなので、低金利の商品を探す場合は、この変動金利になるといえます。

当然将来的には金利の上昇リスクがあるものの、あらかじめ設定されている金利の低さは利用者にとっては魅力的な部分だと思います。

自動車ローンは金利の次に確認するのは返済方式

ここまでに金利の種類や特徴について説明をしてきました。

次に知っておくべき内容は、返済方式についてです。

自動車ローンの場合、大きく2通りの返済方式があり、それが「元利均等返済方式」と「元金均等返済方式」になります。

元利金等返済方式と元金均等返済方式

現状、多くの金融機関は「元利均等返済方式」を採用している場合がほとんどです。

この元利均等返済方式と、元金均等返済方式。似たような言葉ではあるものの、内容は全くの別物なので、分かりやすく説明をしますね^ ^

元利均等返済方式とは、毎月の支払額が一定のまま返済をできる返済方式のこと言います。

毎月の返済額が一定になっているので、返済計画も立てやすいのが特徴です。

元金均等返済方式とは、毎月に支払う「元金」は一定ですが、支払い当初の金利負担が大きいため、最初の時期は支払いをする額が大きくなります。

しかし支払いを続けていくと元金が減る分金利負担が軽くなるため、月々の支払額は低くなります。

とはいえ、最近では元利均等返済方式が主流になっていて、元金均等返済方式にしたくてもできないということがほとんどではあります。

まず自動車ローンを選ぶ際には、商品概要欄を確認して、この返済方式についてチェックをするようにしましょう。

以前にもこの辺の話はご紹介をしているので、合わせてご覧ください。

車のローンを組むなら銀行?ローンの平均金利・特徴を徹底比較!

2019.01.24
スポンサーリンク

自動車ローンの金利が計算できるシュミレーションサイト5選

ここまでの説明で金利の種類や相場、返済方式について理解してもらえたと思います。

では次に、実際に金利を比較する際に利用できる無料のシュミレーションサイトを、厳選して5つご紹介します。

返済方式が選べる金利計算サイト

ここでご紹介するサイトは、先ほどもお話しした返済方式「元金均等返済方式」と「元利均等返済方式」をご自身で選べるサイトになります。

比較したい金融機関の商品概要で返済方式を確認して、シュミレーションを利用してみてください。

入力項目が少なくて分かりやすい金利計算サイト

次にご紹介するサイトは、入力する項目が少なく初心者の人でも簡単に金利計算ができるシュミレーションサイトです。

入力項目が簡単なので、大まかな目安を知りたいという方は一度利用してみてください。

まとめ

今回の内容はいかがでしたか?

どのサイトも無料で利用できるサイトです。

特に返済方式を選べるサイトについては、より実際の返済計画を立てやすいサイトなので、ぜひ一度利用してみてくださいね^ ^

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。