車のローン返済中で売却する際の注意点~チェックポイント~

こんにちは!マックです^ ^

自動車ローンは比較的長期のローンなので、支払い途中に生活環境や家族構成など色々変わることもありますよね^ ^

当然環境が変わると乗っている車を変えたいなと感じることも出てきます。

でもローンの支払いが途中だし…

確かにローンが残っている状態だと、車が乗り換えられるのかというのは気になるところです。

そこで今回は、自動車ローンの支払い途中でも車は売却が出来るのか?について説明していきたいと思います!

返済途中だけれど車を乗り換えたいなと思っている方は、ぜひ当ブログを参考にしてみてくださいね^ ^

この記事で解決できること

  • 売却前の注意点がわかる
  • ローン残債と売却額について知ることが出来る
  • 売却までの流れがわかる
スポンサーリンク

車のローン途中でも売却は出来る

結論から先に言うと、車のローンが途中であっても車の売却は可能です。

しかし売却をする前にいくつかの注意点があるので、まずは売却前にこれらを確認しましょう。

車の所有者を確認

これまでにも何度か説明をしてきた車の所有者

車の場合、車検証に必ず「所有者」と「使用者」が記載されています。

自動車ローンを利用して車を購入した場合、「使用者」は購入者の名義になり、所有者」はローン会社・販売店などの名義になっていることが多いです。

車を売却すると言うことは、いわば車の名義変更を行うと言うことになりますので、名義変更で重要な項目は使用者ではなく、この所有者と言う部分になります。

車の名義変更については、以前の記事で少し説明していますので、合わせてご覧ください、

車の名義変更のやり方!手続きにかかる時間と流れを徹底解説!

2019.01.12

車の所有者が自分でない場合はどうする?

おそらく自動車ローンを組んで車を購入した人は、車の所有権が自分ではないと思います。

では名義変更ができないのかといえば、これは違います。

具体的言うと「所有権解除」と言うものをすると、自由に車の売却をすることが可能になります。

通常自動車ローンを利用した際は、先ほどもお伝えしたようにローン会社か販売店などになっていると思います。

これらの所有権はローン完済までの期間を一時的にローン会社や販売店が持っていて、これを「所有権留保」と言います。

要は完済までの期間の担保として、車の所有権を持っておくと言うことなんですね^ ^

車を売却するには、この所有権解除をしなければ売却ができませんので、まずは所有権をローン会社や販売店から自分に移すことが必要になります。

当然、所有権を自分に移すには、ローンの完済をしなければなりません。

そこで重要になってくるのが、車の売却益になってくるんですね^ ^

では次にこのローン残債と車の売却益について説明をしていきます。

スポンサーリンク

車のローン残債と売却額について

自動車ローンの支払い途中で車を売却する場合、非常に重要になってくるのが、車の売却額です。

売却手続きや名義変更をするには、前のローンを完済してからでないとできませんので、この売却益がどれくらいになるかによって経済的な負担の度合いも変わってきます

このローン残債と売却益を比較した場合、2通りが考えられますので、それぞれのパターンについて説明します。

自動車ローンの残債が売却額より高い場合

例えば、ローンの残債が200万円あったとして、車の売却額が220万円だった場合、経済的な負担もなくスムーズに手続きが終わります。

(例)ローン残債:200万円-売却額:220万円=差額+20万円

当然売却をすると20万円のプラスになりますので、新しい車の購入費用に当ててもいいでしょうし、使用用途は自由です。

これらの場合は特に心配することはありませんが、欲を言うのであれば、売却査定をする場所よってはさらにプラスにもなったかもしれないので、事前の査定は複数した方がいいかなってことくらいです。

自動車ローンの残債が売却額より低い場合

ローンの残債よりも車の売却額が低い場合、先ほどとは違い経済的負担が出てきますので注意してください。

(例)ローン残債:200万円-売却額:180万円=差額▲-20万円

この場合差額はマイナス20万円です。当然ローンを完済しなければならないので、不足分の20万円は自己負担をしなければなりません。

一つの方法としては現金として返済してしまう方法です。これは特に手続きもなく不足分を支払うだけなので簡単です。

もう一つは自動車ローンを借り換えるという方法。新しい車の購入費用+ローン残債(不足分)を新しいローンで組み直すというやり方です。

ただしこれは金融機関によっても対応がマチマチであったり、申込者の属性によっては利用できないこともあるので、まずは金融機関等に確認をしてみるといいかもしれませんね^ ^

経済的な負担を減らすには売却額が重要

ここまでの説明で大体は理解していただけたと思いますが、車のろーを返済途中に売却する場合、経済的な負担を減らすには売却額が非常に重要になってきます。

より高く車を売却することで、不足した場合も経済的な負担を減らせるからですね^ ^

今車の買取を行なっている業者は多数ありますので、より高額な査定をしてくれる場所を探してみるのもいいですね。

車のローン返済中に売却する流れ

車の所有者や売却額など注意点は理解していただけたと思いますので、ここでは具体的にどういった手順で売却をしていくのかを簡単に説明をしていきます。

これから売却をしていこうという方は、ぜひ参考にしてみてください。

【1】車の所有者・ローン残債を確認

まず最初に車の所有者とローンの残債を確認しましょう。

車の所有者については、車検証を確認してもらえればすぐにわかります。

ただし注意しておくことは、「所有者」であって「使用者」ではないということです。

混同しやすい部分でもあるので注意してください。

それからローンの残債も合わせて確認をしましょう。

ローンの残債は、利用しているローン会社などに問い合わせをすれば簡単に確認することができます。

現状、どの程度の残債が残っているのかをあらかじめ確認しておくと、その後の手続きがスムーズになります。

【2】簡単に下取り価格を調べておく

次にやっておくことは、今乗っている車の大体の査定価格を事前に調べておくということです。

調べ方については別の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

車の買取査定相場を匿名で調べられるサービス【厳選】

2019.01.15

事前に大体の相場を知っておくことで、実際に車の査定をしてもらった時に比較しやすくなります。

匿名で簡単に利用できるのでぜひやってみてくださいね^ ^

【3】車の売却査定をしてもらう

ここまでで大方の準備は終わりましたので、実際に車の査定をしてもらいましょう。

ポイントは何度も言うように、売却額です。

より高い査定をしてくれる業者などを利用して、経済的な負担を減らすのがいいでしょう。

一つ一つ車屋さんを探すのも一つのでですが、非常に手間もかかるので、最近では一括査定サービスがありますので、そういったサービスを使うのが効率的ではあります。

買取業者の口コミなどは別の記事でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

大手の車買取業者ランキング!口コミを比較してみた結果

2019.01.18

【4】売却手続き

ここまできたら最終的に売却をする業者を決定しましょう。

複数で比較しておくことで、売却額が一番高い業者などを見つけることができますので、高額査定をしてくれた業者に決めるのがいいと思います。

この際に、不足分がある場合は買取業者に不足分を支払う必要がありますので、注意してくださいね^ ^

まとめ

今回の内容はいかがでしたか?

ローンが残っている車の場合、売却額がどれくらいになるかによって、自分の経済的負担の度合いが変わります。

なので多少の手間はかけて、高額査定を出してくれる業者さんを見つける方が、結果的にお得になると思います。

基本的に手続き自体も買取業者は慣れているので、信頼できる業者を見つけられるよう、当ブログを参考の一つにしてください。

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。