車のローンが残っている場合に売却する際の注意点

こんにちは!マックです^ ^

車を買い替えたい!売りたい!

でもローンがまだ…

こんな風に思っている方は結構多いんじゃないでしょうか。

もしローンがネックで車の売却を諦めてしまっているのであれば、諦めるのは少し早いかもしれません。

というのも、場合によっては売却ができる可能性もあるかもしれないからです。

もちろん売却が出来ないケースというのもありますが、一定の条件を満たせば売却ができるケースもあります。

そこで今回は、

車のローンがまだ残っている場合に、どういった条件を満たせば売却ができるのか?

について説明をしていきたいと思います^ ^

この記事で解決できること

  • ローンが残っている場合でも売却する方法がわかる
  • 残債が残って売却する際の注意点がわかる
スポンサーリンク

車を売却する際の注意点【ローン返済中でも可能】

まず先ほども説明した通り、車のローンが残っていても売却することは可能です。

ただし、売却できる場合のポイントが何点かあります。

車を所有している方は様々なパターンがあると思いますが、まずは以下で説明する内容にご自身が該当するかどうかをチェックしてみてください。

車のローン返済中に売却する場合は所有者を確認する

前回の記事、「車の名義変更のやり方!手続きにかかる時間と流れを徹底解説!」でも少し説明しましたが、車検証には所有者と使用者というものがあります。

車の所有者というのはお家でいう大家さんみたいなもので、要は車の名義人ってことですね^ ^

車を売却する際に注意しておきたい点は、この所有者が誰になっているかどうかということ。

それを踏まえた上で、どういったケースがあるのかを説明していきたいと思います^ ^

車の所有者が自分の場合

おそらく銀行などのオートローン等で頭金を多く入れた場合など、所有権はご自身になっている場合も多いかと思います。

この場合、基本的に売却手続き自体は可能です。

ただし融資を利用した先の利用規約などによっては、完済するまでに売却することをOKとしていない場合もあるので、確認が必要です。


POINT融資を利用した先に、返済中の売却が可能か確認する

車の所有者が自分でない場合

車を購入したディーラー・中古車販売店などでローンを組んだ場合、所有者が購入した店の名前もしくはローン会社になっているかと思います。

この場合は基本的に売却することが出来ません

通常は、所有者を自分に変えてから売却をしなければいけないというのが法律上の建前になっているからです。

要はきちんと完済した上で名義変更をし、その後に売却しなさいってことですね。

その場合一つの方法としては、今ある残債を一括返済をするということです。

ローンの残債を一括返済をした場合、当然負債は無くなりますのでローン会社等の所有権が解除されます。

ローン会社の所有権解除が終わってしまえば所有権は自分になりますので、通常通り車を売却することができます。

ってことなんですが、場合によっては一括返済をしなくても売却ができることもあります。

それは、

車を売却したお金で完済をする。

ということです。

このケースの場合であれば、先に完済・名義変更してから車を売却って流れでなく、売却と同時に完済といった流れで車を売却することが出来ます。

ただしこのケースの場合に注意しておきたい点が、

車の査定価格がローン完済額より低い場合。

例えば車のローンで100万円残債があるとします。

車を売却する際の査定価格が50万円だった場合、差額で残債が50万円になりますよね?

この場合、売却する際に買取店側に50万円を支払う必要(自己負担)があるということです。

なので売却額からローンの残債を差し引いた時に、不足分が出るのかでないのかをきちんと知っておくと返済計画もたてやすいと思います^ ^


POINT売却と完済を同時することができる
POINT残債より売却額が不足した場合、差額は自己負担する必要あり

スポンサーリンク

車の売却時の注意点【自己負担を回避できる方法】

残債がある状態で車を売却した場合、自己負担が出てしまうこともあるということを説明しました。

車を売りに来たのに支払いかよ!

って嘆くのも少し待ってくださいね(笑)

ただここで説明する内容は、基本的に車を買い替える方に該当する内容なので、単純に車を売却するという方はスルーしてもらって構いません。

車を乗り換える前提の売却ならローンの借り換えも

車を売却する際に残債が出てしまった場合、普通であれば自己負担して完済処理をします。

ただし車を乗り換えようと考えている方であれば、手持ちの自己負担なしで、車を乗り換えられるかもしれません。

それは、新しい車の購入費用+残債で借り換えをするという方法です。

例えば新しい車の購入費用が100万円、残債が50万円だった場合、150万円で新たにローンを組むということですね。

ただ残債の自己負担もなく、新しい車に乗り換えができるというメリットもありますが、単純に借り入れ金額が増えるというデメリットもありますので、注意してくださいね^ ^

ローンの借り換えする際の注意点

残債を含めたローンの借り換えをする際には、注意しておきたいポイントがあります。

一つ目は金融機関によってはこの負債額を入れた借り入れができない場合もあるということ。

なのであらかじめ金融機関に、残債額を含めた借り換えが可能かどうかを確認をする必要はあります。

二つ目は借り換えが可能であった場合、見積書を高いもので出すということです。

金融機関の審査によっては満額がおりるとは限りませんので、少し高めに申し込みをするために、高めの見積書が必要になってくるんです^ ^

これはディーラー等で車を購入する際に、銀行審査用に高めの見積書が欲しいと事前に伝えておくことで用意してもらえると思います。


POINT残債を含めた借り換えが可能か金融機関に確認する
POINT満額通らない場合もあるので少し高めの見積書を用意しておく

まとめ

今回の内容はいかがでしたか?

ローンが残っている状態で車を売却するのは、何かと注意するべきポイントがあるので、少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

特に注意してもらいたいことが、車の所有者が誰であるか?ということです。

ここに注意した上で、ご自身にあったケースをこの記事で参考にしてもらえればなと思います。

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。