【悲報】歴史あるトヨタのマークXが生産終了、最後の特別仕様車を発売

マークXは1968年に前身モデルであるマークⅡとして登場以来、50年以上にわたりユーザーにも愛されていましたが、本日24日に2019年12月をもって生産終了となるとトヨタが発表しました。

スポンサーリンク

【悲報】歴史あるトヨタのマークXが生産終了

ファミリーカーから始まったマークⅡは時代の変化を敏感に察知し、容姿も進化しながらFRセダンの中心的存在として歩んできた歴史あるマークX。

2004年にマークXに改名以降は、さらなる高みを目指し、「美しく」そして「意のままの走り」ができるクルマとしてこれまでその名を刻み続けてきましたが、いよいよその歴史に幕を閉じようとしています。

 

スポンサーリンク

マークXが生産終了も最後の特別仕様車を発売

画像引用:トヨタ(マークX 特別仕様車 250S“Final Edition”<オプション装着車>)

外装はスパッタリング塗装の18インチアルミホイールを特別装備(2WD)するとともに、ダークメッキのフロントバンパーモールを採用し、洗練された上質感を創出。外板色には、ホワイトパールクリスタルシャイン*2、シルバーメタリック、プレシャスブラックパール*2の全3色を設定しました。

内装には、ブラックとレッドを配色したアルカンターラ®*3+合成皮革シート表皮と、レッドを配色したソフトレザードアトリム表皮を採用。さらに、本革巻き4本スポークステアリングホイール、シフトブーツ、インサイドドアグリップ、フロントコンソールボックスなどの随所にレッドステッチを施すことで、スポーティな印象を際立たせています。

また、駐車時の接触や衝突の回避に貢献する「クリアランスソナー&バックソナー」を標準装備し、デザインだけでなく安全性能の充実を図った仕様としています。

*1 取扱い販売店:全国のトヨペット店、トヨタモビリティ東京(株)、トヨタ西東京カローラ(株)、ネッツトヨタ東都(株)、ネッツトヨタ多摩(株)
*2 オプション
*3 アルカンターラ®は、アルカンターラ社の登録商標
エンジン 駆動 トランスミッション 価格
(消費税込み)
マークX 特別仕様車
250S“Final Edition”
4GR-FSE(2.5L) 2WD(FR) 6 Super ECT 3,331,800
マークX 特別仕様車
250S Four“Final Edition”
4WD 3,489,480

 

 

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。