都市部の場合は軽自動車で4WDを選ぶメリットはなし!【3つの理由】

こんにちは!マックです^ ^

軽自動車には2WDと4WDの2種類が用意されていることが多くあります。

ディーラーからはつけた方がいいですよ!なんて言われてしまうと、やっぱり4WDの方がいいのかなと思ってしまうかもしれないですね。

でも実は都市部に住んでいる場合、4WDにした場合のメリットってそこまでないんです。

ではなぜメリットがないのか?理由も含めて解説をしていきます。

スポンサーリンク

都市部の場合は軽自動車で4WDを選ぶメリットはなし!【3つの理由】

理由は非常にシンプルで、次の通りになります。

  • 都市部では降雪量も少ないからチェーンで充分
  • 4WDにすると燃費が悪くなる
  • 4WDは車両価格が高い

都市部では降雪量も少ないからチェーンで充分

4WDの場合、山道や降雪エリアなどでは非常に役立つのは事実です。

しかし都市部の場合、山道のような急な坂も少なく、降雪量も少ないです。

こういった場合に4WDの本領を発揮できるケースは非常に稀で、宝の持ち腐れ状態になってしまいます。

雪が降ったらチェーンかスタッドレスを履けば充分って話

でも雪もたまに降るんだし、4WDの方がいいんじゃない?

って思われるかもしれませんが、ぶっちゃけた話、都市部の降雪量であれば、チェーンもしくはスタッドレスタイヤで充分な場合がほとんどです。

稀に数年に一度の大雪が降るケースもありますが、それでも数年に一度です。

毎年の降雪量が多いような地域と違うので、そこまで4WDが活用できるケースは少ないでしょう。

4WDにすると燃費が悪くなる

次に燃費の部分になりますが、4WDにすれば当然燃費は下がります。

車種 2WD 4WD
ワゴンR 26.8 km/L 25.4 km/L
N-BOX 27.0 km/L 25.4 km/L
ムーヴ 31.0 km/L 27.6 km/L
タント 28.0 km/L 27.0 km/L
ウェイク 25.4 km/L 24.6 km/L

ご覧のように2WDと比較した場合、同じ車種でも4WDにした場合は燃費が下がってしまうため、必要性に迫られる状態でない限り4WDにするメリットはないです。

4WDは車両価格が高い

また4WDにすることで、車両価格も上がってしまいます。

車種 2WD 4WD
ワゴンR 107万円 120万円
N-BOX 138万円 151万円
ムーヴ 111万円 123万円
タント 122万円 135万円
ウェイク 149万円 167万円

このように同車種でも2WDと4WDの価格の差は、12~18万円程度の開きとなります。

価格帯が上がった分のメリットがあるのであれば、4WDにする意味もありますが、都市部などでは価格に見合った恩恵は受けられないと思います。

スポンサーリンク

軽自動車を乗る場合は4WDより2WDの方がメリットが多い【結論】

燃費・価格をとっても、積雪エリアでない場合、軽自動車4WDより2WDの方が圧倒的にコスパがいいです。

街乗り程度で4WDの本領も発揮することは少ないので、価格も安く燃費のいい2WDをオススメします。

ただし場合によっては。4WDはいらないものの、ターボは必要になってくるケースはあります。

高速道路をよく使うといったケース

街乗りではターボなしでも充分な軽自動車ですが、高速道路になってくると少し話が変わってきます。

ターボなしの軽自動車で高速を乗った場合、力不足を体感すると思います。

そういった場合はターボ搭載の軽自動車が相当役立ちます。

ターボ付きの場合、燃費性能は下がってしまいますが、高速道路での力不足は解消されます。というよりほぼ普通車並みに運転できます^ ^

なのでとりわけ高速道路を利用することが多いといった方は、ターボ搭載の軽自動車であれば選択肢に入れてもいいかもしれませんね^ ^

街乗りが基本ならノーマルで充分

とはいうものの、高速なんてたまにしか乗らないし、街乗りばっかという方は、ノーマルの軽自動車で充分です。

燃費もいいし、価格も安いのでコスパ最強です。

軽自動車は車の中でも特にコスパがいいのが特徴ですが、ノーマルの軽自動車はその中でも一番コスパがいいです。

最近ではノーマル車でも安全装置なども充実しているので、充分ですよね^ ^

自己満を満たすなら4WDのターボ搭載

とここまで4WDを否定している筆者も、以前は軽自動車の4WD・ターボ搭載車を乗っていることがありました。

はっきりいうとほぼ自己満で、4WDの恩恵を受けたことはないですけど満足度は高かったです^ ^

都合上、高速などを利用することも多かったため、ターボのありがたみは重々わかっていますが、その反面、燃費が悪いということもあったので、いっそプリウスとか普通車に変えてもよかったかもしれませんよね^ ^

まとめ

やたらと否定してしまった軽自動車の4WDですが、積雪量の多いエリアなどは4WD以外の選択肢は逆にないかもしれませんね。

なので、住んでいる地域や特徴によって必要性も変わってくると思いますが、あくまで積雪量なども少ない地域での見解として解説しました。

【完結】軽自動車の車検費用から必要書類・相場まで【まとめ】

2019.04.24

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。