軽自動車で楽にゴルフバックを積める車種3選【便利な積み方も紹介】

こんにちは!マックです^ ^

ゴルフをやられる方にとって、車にゴルフバックが積みこめるのは最低条件です。

普通車の場合はトランクルームなども広いことが多いので、横置きですんなり積みこめるゴルフバックも、軽自動車の場合はコンパクトなためそうは行きません。

軽自動車の場合、車種によってその積み込み方も変わってくるため、買い替えなどをする場合はあらかじめどのように積み込みができるかを確認しておくといいです。

なので今回は、軽自動車のタイプ別に、積み下ろしもラクで簡単なゴルフバックの積み方も含めてご紹介しようと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

軽自動車で楽にゴルフバックを積める車種3選【便利な積み方も紹介】

車種によって有効スペースも違うため、自分の使用環境に応じた軽自動車を選ぶのがいいです。

  • ゴルフバックを1人〜2人分しか積み込まないなら『スズキ ワゴンR』
  • 3人分を積み込むこともあるなら『ホンダ N-BOX』
  • 立てて縦置きしたいなら『ダイハツ ウェイク』

ゴルフバックを1人〜2人分しか積み込まないなら『スズキ ワゴンR』

ゴルフ場に行くのも基本的に1〜2人という場合におすすめなのが『スズキ ワゴンR』

積載スペースではスーパーハイトワゴンタイプには劣りますが、2人分のゴルフバックであれば問題なく積み込み可能です。

ゴルフバックの積み込み方

画像のように、リアシートを倒すことで簡単にゴルフバックを積み込むことができます。

ゴルフバックの長さに注意

ただし少し注意して置きたいのが、ゴルフバックの種類(長さ)によっては、画像のようにすんなりと積み込みができない場合があるということ。

ゴルフバックが長すぎる場合、斜めなどにして積み込みをしなければならないケースや前席助手席を少し前に出さなければならない場合もあるので、あらかじめ注意してくださいね。

また荷室に縦置きをすることは難しいものの、長すぎないゴルフバックであれば後席の座席の間に縦置きできる場合もあります。

これらの積み込みをした状況はスズキ公式ブログが非常にわかりやすく解説されているため、当ブログでもご紹介しておきます。

参考:スズキアリーナ静岡西-お店ブログ-

3人分を積み込むこともあるなら『ホンダ N-BOX』

ゆったりと3人分積み込みをしたい場合におすすめなのは『ホンダ N-BOX』

やはりワゴンRやムーヴなどのトールワゴンタイプに比べると、スーパーハイトワゴンタイプの N-BOXは積み込みスペースが広がりますね^ ^

ゴルフバックの積み込み方

N-BOXはリアシートを倒すことで、簡単にゴルフバックを積み込むことが可能です。

トールワゴンよりも長さが確保されているため、ゴルフバックの長さなどは気にせずにそのまま積み込むことができます。

また公式サイトで便利なゴルフバックの積み込み方が掲載されているので、ご紹介しておきます。

参考:Honda GOLF

縦置きしたいなら『ダイハツ ウェイク』

最後にご紹介する『ダイハツ ウェイク』ですが、軽自動車では珍しく縦置きができる軽自動車です。

サイズにもよりますが、縦置きで3つまでゴルフバックを積み込むことができるため、後席などに人も乗車することができます。

4WDウェイクに注意
収納力に定評があるウェイクですが、1点だけ注意が必要です。

3つゴルフバックを縦置きをすることができるのは2WD車のみとなっていて、4WD車の場合、3つ縦置きすることはできません。

というのも2WDウェイクには床下収納がありますが、4WDウェイクにはこの床下収納がないため、縦置きスペースを確保できていないんですね。

なので、4WDウェイクの場合は、ホンダのN-BOXのように、リアシートを倒してゴルフバックを積み込まなければいけないので、注意が必要です。

スポンサーリンク

【番外編】スズキの軽自動車『スペーシア』もゴルフバックを縦積みできるのでおすすめ

ダイハツのウェイクもゴルフバックを縦置きできますが、スズキの軽自動車スペーシアも縦置きができるのでおすすめです。

リアシートを倒すことで横置きでも当然積み込むことができるので、積み込みの選択肢も増えますよね^ ^

参考:スズキアリーナ日向-お店ブログ-

まとめ

今回の内容はいかがでしたか?

1つ2つ積み込みする程度であればトールワゴンタイプで十分ですが、3つゴルフバックを積み込みするならやはりスペースも広いスーパーハイトワゴンがいいですね^ ^

またゴルフバックもそうですが、ゴルフ場は基本的に遠出をする場合が多いと思いいますので、ターボ搭載車は必須かもしれませんね。

ターボについては以前の記事でもご紹介しているので、そちらを参考にしてもらえればOKです。

軽自動車をメインで使うならターボ搭載が必要【確実】

2019.05.02

【完結】軽自動車の車検費用から必要書類・相場まで【まとめ】

2019.04.24
車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。