【断定】賢い軽自動車の選び方【チェックするポイントは5つです】

こんにちは!マックです^ ^

軽自動車を買いたいけど、選び方がよくわからない…。

このような疑問を持っている人も少なくないでしょう。

あらかじめ購入したい車種が決まっている人ならともかく、特に初めて車を購入する人であれば、何を基準に選んでいけばいいのかわからないのも当然ですよね^ ^

でも軽自動車を選ぶ際に、いくつかのポイントを抑えるだけで、概ね購入するべき車種を絞っていくことができます。

ということで今回は、初心者でも簡単に賢く軽自動車を選ぶ方法について解説をしていきます。

スポンサーリンク

【断定】賢い軽自動車の選び方【チェックするポイントは5つです】

とは言っても選び方は簡単で、以下の5つを意識するだけです。

  1. ライフスタイル
  2. 燃費
  3. 価格・予算
  4. 見た目
  5. 人気ランキング

ライフスタイル・使用する用途を明確にする

まず今現在、軽自動車を購入をしようか検討している場合、ライフスタイル(使用目的)を明確にしましょう。

例えば、

  • 家族で利用するならスーパーハイトワゴン
  • アウトドアで利用するならSUVタイプ
  • 通勤で使うならトールワゴンタイプ
  • セカンドカー代わりならトールワゴンタイプ

と言った具合です。

一口に軽自動車と言っても色々な形があるので、今後の利用状況を想定すると選びやすいです。

反対に想定している利用状況に合わないタイプを選んでしまうと、実際に購入した後に使いづらさが出てしまうため、注意しましょう。

軽自動車のタイプ

トールワゴン・・・ワゴンR、ムーヴ、ekワゴンなど

スーパーハイトワゴン・・・N-BOX、ウェイク、エブリーなど

SUVタイプ・・・ハスラー、ジムニーなど

軽自動車に乗る頻度が高いなら燃費も重要

また軽自動車を選ぶ際に外せないところが「燃費」です。

そもそも軽自動車を購入する理由の大部分は、維持費が安いという部分が大きいので、特に乗る頻度が高い人は燃費を気にするようにしてみましょう。

ランキング メーカー 車種名 燃費(JC08モード)
1 スズキ アルト 37.0km/L
2 マツダ キャロル 37.0km/L
3 スズキ アルトラパン 35.6km/L
4 ダイハツ ミライース 35.2km/L
5 トヨタ ピクシス 35.2km/L

なんだかんだ言って価格・予算が最重要

次に最も重要なのは、予算です。

どれくらいの予算で考えているかによって、購入できる車も変わってくるので当然といえば当然ですね。

例えば予算が100万円であった場合、新車で購入するのであればスズキのアルトやダイハツのミライースなどが100万円以下から購入することができますし、150万円程度まで予算が組める場合、軽自動車のライナップのほとんどが購入できます。

新車にこだわりがなければ中古車も有り

また、新車というこだわりがないのであれば、中古車の選択肢もありです。

というのも、同じ予算100万円でも、新車の場合だと比較的エントリークラスが多く、機能性が高い車種は多くありません。

反対に中古車の場合、同じ100万円の予算でも、少し型落ちで高機能な車種があったりもするんですね。

ただし中古車の場合ほしいい時にすぐ見つかる保証はなく、その時々の市場の在庫状況によるので、例えば有名どころでいうと「goo-net(グーネット)」や非公開車両が多く掲載されている「ズバット車販売」などの中古車情報を頻繁に中古車チェックをしておく必要もあります。

見た目も大事!お気に入りの1台を探す

また、見た目も重要ですよね。

燃費や予算も重要とはいえ、見た目がしっくりこないとなんだか乗る気も失せちゃいますからね。

筆者の場合もほとんどこの見た目で購入することが多く、燃費などはあまり気にしないで購入しています。

迷った場合は、デザイン重視で選ぶのも割と簡単でおすすめです^ ^

検討もつかないなら人気ランキングなども参考に

また検討もつかない場合は、人気ランキングなどを参考にしていくのも一つの選び方です。

そこでおすすめなのが価格ドットコムの軽自動車ランキングです。

画像引用:価格ドットコム

価格ドットコムのランキングでは、人気順のランキングはもちろんのこと、新車価格から中古車相場までを一緒に見ることができます。

人気車種を確認するのと同時に価格相場を新車・中古と同時に見れるため、おすすめです。

レヴューなども一緒に確認することができるので、どの軽自動車にしようか検討もつかないような場合は、一度確認して見るといいです。

また当ブログでも車種別のランキングを出しているので、一度参考にして見てください。

軽自動車の人気車種はこれ!男性におすすめ厳選10車種【2019最新】

2019.04.27
スポンサーリンク

中古の軽自動車の場合は選び方に少し工夫が必要

次に中古の軽自動車を選ぶ際ですが、新車と違って少し工夫が必要です。

主に、以下の内容です。

  • 走行距離
  • 修復歴の有無
  • 記録簿の有無

中古車の場合は走行距離も一つの目安にする

最近の車は性能も上がってきているため、10万キロを超えていても問題なく走りますし、なんなら20万キロ程度走っても問題ないこともあります。

しかしこれらはあくまでもきちんとメンテナンスをしていることが前提です。

走行距離が増えればその分きちんとメンテナンスをしてきたかが非常に重要になるため、当然メンテナンス不足の車はあまりいい状態の車とはいえません。

しかしこれらが中古車情報に掲載されることはあまりないため、初心者が判断するには走行距離も一つの目安になるということです。

走行距離が多く、市場価格よりだいぶ安く売り出されているような中古車の場合、まずは販売店にオイル漏れなどがあるかないかなどを確認するのもいいと思います。

修復歴がある車は避けよう

次に修復歴のある車についてですが、これは購入するのは避ける方が無難です。

というのも、場合によっては予期せぬ故障に繋がるケースもあるため、想定以上にお金がかかることもあるからですね。

稀に同年式で激安の車を発見することもありますが、相場と比べて安すぎる車は避ける方が無難です。

整備記録簿がある中古車にしよう

車には軽自動車も普通車も整備記録簿というものがあります。

これは車検やメンテナンスなどを記録していくもので、いわば車の歴史がそこに書いているわけです。

もちろん記録簿があるから全て安全というわけではありませんが、ない車と比較した場合、断然ある車の方が信頼性は高いです。

あえて信頼性の低い車を選ぶ必要はないので、記録簿がきちんとある車を選ぶようにしましょう。

まとめ

今回の内容はいかがでしたか?

軽自動車も色々と種類があるので、選ぶ際は悩んでしまうかもしれませんが、上記で説明した5つのポイントを参考に選んで見てください。

また中古車の場合、加えて確認することも増えますが、新車と比べて車の状態に差が出ることが多いため、少し時間をかけて慎重に選ぶといいと思います。

【完結】軽自動車の車検費用から必要書類・相場まで【まとめ】

2019.04.24

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。