軽自動車でハイオクを入れるメリット・デメリット【効果も解説】

こんにちは!マックです^ ^

燃料の種類でハイオクとレギュラーってあります。

ハイオクの方が燃費も良くなるっって聞いたことあるけど、実際のところはどうなんだろう?って気になりますよね。

でも指定されている燃料がレギュラーなのに、ハイオクって入れちゃって大丈夫なのかも気になるところ。

そこで今回は、

  • 軽自動車にハイオクを入れても平気なのか?
  • ハイオクを入れた場合のメリット・デメリットは?

などなど、ハイオクについてまとめていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

そもそも軽自動車にハイオクは入れられる?


普段は気にせず入れているガソリンにも、レギュラーとハイオクがありますが、まずはハイオクについて知っておくと理解しやすいです。

  • ハイオクとは『ハイ+オクタン価』のこと
  • ハイオクガソリンの効果
  • もちろん軽自動車にも入れられる

ハイオクとは『ハイ+オクタン価』のこと

ハイオクガソリンとは、オクタン価が高いガソリンのことを言います。

このオクタン価といのは、ガソリンが異常燃焼(ノッキングという)が起こらない度合いを示す指標で、高いオクタン価ということなので、異常燃焼がしにくいということになります。

要するに燃えにくいガソリンですということなんですが、燃えにくいガソリンが良いというののもパッとしません。

これはオクタン価が高いことで、無駄な燃焼を避け、燃焼してほしいところで燃焼をさせることで燃焼効率をあげているということなんですね。

ハイオクガソリンの効果

基本的にハイオクガソリンというのは、ハイオク車に使用されることが前提のガソリンですが、実は清浄剤なども含まれているため、エンジン内をクリーンに保つことができます。

エンジンは車を走行させるたびに不純物が蓄積されますが、ハイオクに含まれる添加剤がこれらの不純物を解消してくれるんですね。

当然不純物が減ると燃焼効率も上がるため、結果的に燃費などもよくなるということです。

もちろん軽自動車にもハイオクは入れられる

ただしハイオクガソリンというのは、基本的にハイオク車が使うことが前提のガソリンです。

というのも、ハイオク車というのは、ノッキングしづらいハイオクを利用し、エンジンの圧縮比や点火効率などを考えて設計をされています。

なので、一番効率よくハイオクガソリンを使える車がそもそもハイオク車であるということです。

ではレギュラー車である軽自動車には使えないのか?といえばそうではなく、軽自動車であってもハイオクガソリンを使うことはできます。

あくまでハイオクガソリンを一番効率よく使える車が、ハイオク車であるということは覚えておくと良いかもしれないですね。

スポンサーリンク

軽自動車でハイオクを入れるメリット


では次に軽自動車のハイオクを入れた場合の、メリットについて触れていきますが、簡潔にまとめると以下の通りです。

  • 点火効率が上がりパフォーマンス向上
  • 清浄剤の効果でエンジン本来の性能に

点火効率が上がりパフォーマンス向上

先ほども説明したように、ハイオクガソリンというのはノッキングしづらいガソリンになります。

車というのはこのノッキングを検知するセンサーがついていて、異常燃焼しそうな場合にわざと点火するタイムングを遅らせたりもしています。

これがレギュラーガソリンに比べてオクタン価の高いハイオクを利用することで、ノッキングしてしまう回数も減らせるため、結果的に燃費向上もするということです。

清浄剤の効果でエンジン本来の性能に

またエンジン本来の性能を引き出す役割として、常にエンジンをクリーンに保つということがあげられます。

これに一役かうのもハイオクに含まれていている添加剤の清浄剤です。

一見するとオートバックスやアマゾンなどで、格安の清浄剤を入れれば良いんじゃないかと思われがちです。

しかしこれらはガソリンがなくなるたびに入れるわけにもいかないので、常日頃入れ続ける燃料とは違い、一過性のものです。

反面ハイオクであれば、常日頃入れなければならない燃料なので、これに含まれているということは常に清浄剤が含まれている状態になるため、エンジンのことを考えるとパフォーマンスは上がります。

軽自動車でハイオクを入れた場合のデメリット


では反対に軽自動車でハイオクに切り替えた場合のデメリットについて、説明をします。

主にあげられるデメリットとしては、以下の通りです。

  • 維持費(ガソリン代)が若干上がる
  • すでにエンジンが汚れている場合は効果が低い

維持費(ガソリン代)が若干上がる

まず最初に挙げられるデメリットとしては、維持費(ガソリン代)の部分です。

ハイオクガソリンはレギュラーガソリンに比べて、概ね10%程度価格が高いです。

なので当然、燃料費が上がってしまうわけですが、10%そのまま上がってしまうかというと、そうでもありません。

というのも、ハイオクガソリンに変えることで、基本的には燃費も向上するので、給油するタイミング(回数)も当然伸びます。

なので全体的なコストで見ると、5%前後のコスト増加くらいで見ておくと良いかもしれませんね。

ただしこの辺りは運転する人の乗り方などにだいぶ左右される部分なので、一概にどれくらい変わるのかは難しいところです。

すでにエンジンが汚れている場合は効果が低い

次に挙げられるデメリットとしては、すでにエンジンが相当汚れてしまっているような場合、効果が低いことがあるということです。

というのもハイオクに清浄剤が含まれているとはいえ、すでに汚れが蓄積しているものをクリーンにするのは容易ではないということです。

こういった場合、ハイオクを入れても効果が感じられないといったケースも出てくると思うので、一概にハイオクを入れて効果があるとも言えないということになります。

【まとめ】エンジンのことを考えると軽自動車でもハイオクを使ったほうが良い


結論から先に行ってしまうと、エンジンのことを考えると軽自動車でもハイオクは使ったほうが良いケースが多いです。

やはり車の不具合ってエンジン関係が多いのも事実なので、オイル交換などはマメにやることや、ガソリンをハイオクにしておくなど、できる範囲でやっておくことは良いことです。

ただしこの辺りはコスパとの兼ね合いも出てくるので、今乗っている軽自動車の状態によっても左右されてしまいますよね。

【完結】軽自動車の車検費用から必要書類・相場まで【まとめ】

2019.04.24

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。