軽自動車でパワー不足を感じるシーン!【一般道編・高速道路編】

こんにちは!マックです^ ^

軽自動車はコンパクトで維持費も安いため、大変人気な車種なので、普通車に乗っているユーザーも、取り回しも楽な軽自動車に乗り換える人も多いでしょう。

ただし普通車から軽自動車に乗り換える際は、事前に知っておくといいことが、軽自動車のパワーについてです。

  • そんなにパワーなんて必要ないでしょ。
  • 安全運転してるから別に平気!

このように感じるかもしれませんが、利用するシーンによってはパワー不足を感じることも多いと思います。

なので、本記事では実際に軽自動車を乗ってきた筆者が、軽自動車に乗っていてパワー不足を感じたシーンを紹介していきます。

ターボ搭載車にしようかどうしようか悩んでいる方は、是非本記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

軽自動車でパワー不足を感じるシーン!【一般道編】


普段、普通に運転する分にはあまり感じない軽自動車のパワー不足も、以下のようなケースであると力不足を痛感します。

  • 大人4人で乗車した場合
  • 急な坂道を登る場合

大人4人で乗車した場合

一部の軽自動車を除き、一般的に軽自動車は4人乗りです。

なので4人乗りなんだから普通に走るでしょ!って思いがちですが、現実は結構厳しいんですね。

約50~60kg程度の大人が4人乗車すると、それだけで200kgの重量になります。

普通車であれば4人乗りをしても力不足を感じることは少ないですが、軽自動車の場合は別。

200kg以上の重量がある場合、軽自動車の動きはもっさりとなり、ブレーキなども効きづらくなってきます。

ある程度軽自動車の運転に慣れている人であれば問題ないですが、あまり運転したことがないような人は、特にブレーキングなどには気をつける必要があります。

急な坂道を登る場合

次によくあるのが、急な坂道に遭遇した時です。

これは乗車人数に関係なく、1人で運転していようが力不足を痛感します。

一般道を走る場合は特に問題ない軽自動車も、急な坂道を登る際には圧倒的な力不足です。

ただし登るには登るので、このあたりの線引きは難しいものの、ご自身の住んでいる場所が急な坂道を登るような場所であると、ノンターボ車は少し厳しいかもしれませんね。

スポンサーリンク

軽自動車でパワー不足を感じるシーン!【高速道路編】


次に高速道路で軽自動車を運転する場合で、力不足を痛感するシーンをご紹介します。

  • 魔の追い抜き(追い越し)車線
  • 長めの登り坂

魔の追い抜き(追い越し)車線

高速道路の場合、常に80km以上の速度で走行していて、これはもちろん他の車も同様です。

ここで追い越し車線を利用する場合、80km以上の速度から加速をするわけですが、軽自動車の場合、この速度域からの加速は非常に弱いです。

なので、車を追い越そうとしてアクセルを踏むものの、なかなか加速をしていかないという現象に陥るんですね。

とはいうものの、ある程度車慣れをしている人であれば、どのタイミングで追い抜くなどの判断は特に問題ないかと思います。

ただしあまり運転に慣れていないような人になると話は別。

タイミングも合わずに追い越そうとすると、加速が追いつかないのはもちろんのこと、追い越し車線を走行している普通車やトラックなどに煽られてしまう要因にもなります。

この話は以前の記事でも少しご紹介しているので、合わせてご覧になってみてください。

【ズバリ】軽自動車は煽られるので注意!【自己防衛することが大事】

2019.05.03

長めの上り坂

次に力不足を感じるシーンは長めの上り坂です。

高速道路を走っていると、緩やかな上り坂などが長く続くことがありますよね。

ここあたりの道路を走行すると、軽自動車はみるみる失速していきます。

一度失速をしていくとアクセルを踏み続けてやっとこさ登るような場合も多く、特にノンターボ車であるとこの現象は顕著に現れます。

ターボ搭載車であると、アクセルを踏み続ければ登ってはいきますが、ノンターボは少し厳しいかもしれないです。

また、乗車人数が多い場合はさらに厳しくなります。

先ほどもお伝えしたように、軽自動車は4人乗りではあるものの、4人フルで乗車すると概ね200kg以上の重量が増します。

このような状態で高速を運転する場合、速度が速い状況からの加速も厳しく、さらにいうと速度が出ている状態でさらに重量があると車体が浮くような現象も出てきます。

ずっと気の抜けない運転をすることにもなるため、あまり運転慣れしていない人だと少し危ないかもしれませんね。

なので4人乗車して軽自動車を運転する場合は、ある程度運転慣れしている人がハンドルを握った方が得策かもしれないです。

軽自動車でパワー不足を感じるのは限定的【でも気をつける】

ここまでに一般道・高速道路でパワー不足を感じるシーンを紹介しましたが、そういったシーンはある意味では限定的です。

ただし突然こういったケースに遭遇するよりも、あらかじめ知っておくことで未然に事故も防げますし、買い替えをする人の選択肢としての必要情報でもあると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

【完結】軽自動車の車検費用から必要書類・相場まで【まとめ】

2019.04.24

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。