【注意】軽自動車の長距離運転はわりと疲れます【理由を解説】

こんにちは!マックです^ ^

車の乗り換え時期にも差し掛かり、コンパクトで運転しやすい軽自動車って長距離はどうなの?

結構長距離運転することも多いし…。

街乗りをする人ならあまり気にならないと思いますが、長距離運転をする方にとっては気になるところですよね^ ^

確かに車の買い替えは結構お金のかかることなので、クルマ選びは慎重にして起きたいところです。

そこで今回は、仕事・スノーボード等で長距離運転をしてきた筆者が、軽自動車で長距離運転をした際の感覚を解説していこうと思います。

軽自動車に乗り換えたいけれど、長距離運転もするという方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね^ ^

スポンサーリンク

【注意】軽自動車の長距離運転はわりと疲れます【理由を解説】

まず参考情報として、筆者が本記事で紹介する内容として、乗車してきた車種は以下の2車種。

  • スズキ『エブリィワゴン』
  • ダイハツ『ムーヴ』

いずれもターボ搭載の車種です。

なおノンターボが長距離運転に不向きな理由は以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

軽自動車をメインで使うならターボ搭載が必要【確実】

2019.05.02

では解説します。

長距離運転は排気量がモノを言う

まず大前提として、長距離運転はどの車を使っても多かれ少なかれ疲れます。

とは言うものの、やはり長距離運転をする場合に排気量は大きく関係してきます。

ターボ搭載の軽自動車であれば、ノンターボと比べると加速もスムーズで問題なしですが、高速走行をしている状態からの加速というのはそこそこ厳しいです。

例えば、車が詰まった時に追越車線を利用しますが、この時に加速をして追い越すというのがなかなか大変。

アクセルを結構な勢いで踏み込んでいって追い越しをするため、神経がすり減ります。

ずっとエンジン高回転で運転するのって結構キツイ

またエンジン高回転で運転し続けるのってそこそこキツイです。

軽自動車は660ccと排気量が少ないため、速度のある高速道路などを運転する場合、アクセルを踏み続ける状態なのでずっとエンジンが高回転です。

これが3000ccなどの排気量がある普通車であれば、そこまで踏み続けるといったこともなく、車を追い越す時以外はエンジンをふかすこともないんですね。

なので現状で排気量のある車を乗っていて軽自動車に乗り換えると、長距離運転をした場合はどっと疲れるのは間違いないです。

ロードノイズとエンジン音がうるさい

この辺りは軽自動車の場合、仕方がない部分ではありますが、3000ccクラスなどの普通車と比べて、内装にかける吸音材が少なかったり、足回りが小さいので、どうしても静寂性は劣ります。

街乗りであればそこまで気にならない音も、高速道路で長距離運転をしていると如実に感じます。

最近では少しづつ改善されつつありますが、3000ccクラス以上の車と比較した場合は圧倒的にうるさいです。

足回りが弱いのはもはや軽自動車の宿命

最後に軽自動車の場合、足回り部分の弱さが長距離運転の疲れにも直結してきます。

というのも、高速道路で運転をしていると、風の強い日や大型トラックなどが追い越す時にたまに車体が煽られてしまうことがあるんですね。

これは普通車よりも圧倒的にその数は多く、やはり足回りの弱さが原因と言えます。

これはコンパクトカーである以上は仕方のないことではありますが、ちょいちょいあるので疲れますよね。

スポンサーリンク

では街乗りの場合は軽自動車って疲れる?

とここまで長距離運転はめちゃくちゃ疲れると説明してきましたが、では街乗りはどうなのか?と言えば全くもって問題なしです。

特にエンジンをふかすこともないですし、音なども特に気になりません。

ただし排気量のある普通車などを乗っていた人であれば、若干物足りない部分もあるのも事実ですが、そこまで気になるほどではないと思います。

むしろ狭い道などでは普通車よりも軽自動車の方が気が楽で、ちょっと使うぶんには圧倒的に軽自動車がいいの間違いなしです。

【結論】軽自動車で長距離運転は疲れるが慣れれば問題なし

長距離運転は普通車でも疲れるのは間違い無いですが、特に軽自動車は排気量が少ないぶん、速度も出づらいため結構神経を使って運転することになります。

これが結構疲れる原因でもありますが、慣れてしまえば問題な知っちゃなしですね。

とは言えターボなしは疲労+速度がさらに出ないストレスがあるため、ターボ搭載はした方がいいと思います。

ただ長距離運転が多い場合などは、軽自動車ではなく普通車という選択肢もありだと思います。

【完結】軽自動車の車検費用から必要書類・相場まで【まとめ】

2019.04.24

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。