アウトドア利用におすすめな軽自動車3車種【特徴・選び方を解説】

こんにちは!マックです^ ^

休みの日などに釣りやキャンプなどに行くアウトドア派の人にとって、移動手段でもある車の車種は重要。

その利用方法や積み込む物など、それぞれにあった車を選ぶことが大切です。

中でも軽自動車はコンパクトな車種のため、その選び方ってなかなか分かりづらいですよね。

そこで今回は、アウトドアで車をよく使いたい場合にオススメの軽自動車を厳選してご紹介します。

スポンサーリンク

軽自動車をアウトドアで利用する際の選ぶ基準


アウトドアで軽自動車を使うなら、押さえておきたいポイントは3つです。

  • 積みたいものが積める荷室の広さ
  • 長距離・坂道でもストレスの少ない走行性能
  • 山道・雪道でも安心な4WD

積みたいものが積める荷室の広さ

まず初めにアウトドアで軽自動車を利用するなら必須条件とも言えるのが『荷室の広さ』です。

またアウトドアだけで利用することもないと思うので、荷室の拡張性も重要なところですよね。

これらの条件に特に当てはまる軽自動車としてあげられるのが、スーパーハイトワゴンになります。

ハイトワゴンは荷室の拡張性と広さが抜群

これはいうまでもなく、ハイトワゴンは荷室の広さと拡張性が一番高い車種といえます。

この荷室スペースはハイトワゴンを発売するメーカーが、こぞって競っている部分なので、それぞれの特徴にあった車種を選ぶのが最適です。

長距離・坂道でもストレスの少ない走行性能

次に重要なことといえば、長距離や坂道などでもストレスが少ない走行性能です。

例えば長距離運転で高速道路を利用したり、キャンプ・スキー・スノーボードなどで坂道などを走行した際のパワーなどですね。

これらをカバーするのは軽自動車の場合、ターボ搭載車以外はありえませんね。

やはりノンターボ車種の場合、街乗り程度であれば問題なく不自由することもないですが、かたやアウトドアとなるとノンターボでは非力すぎて話になりません。

なのでアウトドア利用がメインで考えるのであれば、ターボ搭載車は必須条件といえます。

山道・雪道でも安心な4WD

最後に選ぶ基準として4WDがあります。

これもターボ搭載車と同様に、街乗りを想定している場合は全くもって必要ないともいえますが、アウトドア利用となると話は別です。

例えば雪道などをそうこうする場合、基本的にはスタッドレスタイヤやチェーンなどを装着していれば問題ないことも多いです。

しかし積雪量などが多く、除雪なども間に合っていないような山道を走行しなければいけない場合、4WDでない車種だと一度はまってしまうとなかなか脱出することができません。

しかし4WD車種であれば抜け出すのも簡単で、4輪駆動の素晴らしさを体感することになります。

上記に挙げた『荷室』や『ターボ』に比べると、必要になる時が限定的ではありますが、利用スタイルによっては必須項目ともいえます。

スポンサーリンク

アウトドアスタイルで軽自動車のタイプを選ぶ


一口にアウトドアと言ってもそのスタイルは様々なので、そのスタイルにあった軽自動車を選ぶことが大切です。

と言ってもそこまで悩む必要もなく、大きくカテゴリ分けすると以下の通りです。

  • 街乗りからアウトドアまで幅広く利用できるスーパーハイトワゴン
  • オフロードで利用するなら足回りが最強のSUV

街乗りからアウトドアまで幅広く利用できるスーパーハイトワゴン

まずアウトドア利用を想定して軽自動車を選ぶなら、まずこのスーパーハイトワゴンを選んで大丈夫です。

スーパーハイトワゴンの軽自動車は、先ほど説明した『荷室』『ターボ』『4WD』を全て網羅した車体タイプです。

また街乗りでも当然問題なく、車種タイプに悩んだらこのスーパーハイトワゴン系を選べば問題なしです。

スーパーハイトワゴンとは?

スーパーハイトワゴンとは、ウェイク・ピクシスメガなどの1700mmを超える車高の軽自動車のことを言います。

ただし具体的な規格が決まっているわけではなく、概ね車高が高い軽自動車と認識されているのが現状です。

軽自動車には他にもトールワゴン(ワゴンR・ムーヴ)と言ったタイプも存在します。

オフロードで利用するなら足回りが最強のSUV

次にオフロード環境で利用するなら、SUVの軽自動車で一択です。

SUV系の軽自動車は足回りが一番強く、オフロード利用をするなら最適といえます。

ただし、上記で説明した『荷室』がスーパーハイトワゴン系に比べると狭いため、1〜2名で利用する場合の車種タイプですね。

ただし1〜2名でしか利用しないのであれば、スキーやスノーボードで利用するには一番心強い車種なので、特に足回りに重きを置く場合はSUV系に勝るものはありません。

アウトドア利用におすすめな軽自動車TOP3【厳選】


ではアウトドアで利用する際に最適な車種を3車種ご紹介します。

  • 荷室も広い万能車種『ダイハツ ウェイク』
  • 街乗りからアウトドアまで『スズキ スペーシアギア』
  • アウトドアの本格派は『スズキ ジムニー』

荷室も広い万能車種『ダイハツ ウェイク』


アウトドアで利用するならおすすめなのが、ダイハツウェイクです。

中でも荷室の広さは、キャンプなどで多くの荷物を積み込む人にとっては嬉しいポイントです。

高さ1140mm×幅875mmの荷室はスーパーハイトワゴンの中でも最大級です。

また荷室の拡張性も高く、利用スタイルによって色々とカスタマイズすることもできます。

ランゲージ下のトランクは収納力抜群!

ウェイクの特徴の一つがランゲージ下のトランクで、その大きさは約90Lほどもあり、一般的なクーラーボックスを収納できる他、ゴルフバッグなども縦積みすることができます。

車中泊もできる快適スペース

またウェイクの場合、長さもあるため、席を倒すことでフラットスペースを作ることができます。

なので釣りに行く際に車中泊などもでき、快適スペースを確保することができます。

拡張性の高さはウェイクの真骨頂

さらにウェイクの最大のポイントはその拡張性の高さです。

従来の軽自動車であれば、自分の車にあったアイテムを市販のものから探してカスタマイズをするしかありませんでした。

しかしウェイクの場合、純正のオプション品として様々な拡張アイテムを提供してくれています。

例えば釣りに行く人であれば天井に取り付け可能なロッドホルダーや、車中泊をする際に窓を塞ぐプライバシーシェードなど、自分のスタイルにあったアイテムを見つけることができます。

街乗りからアウトドアまで『スズキ スペーシアギア』


次にオススメするのがスズキのスペーシアギアです。

SUVタイプと街乗りを融合したような車体デザインも人気の一つで、アウトドアから街乗りまでカバーできる車種といえます。

アウトドア利用も想定した車種なので、たまにアウトドアを利用したいというケースでもオススメする車種です。

濡れても大丈夫!全撥水加工シート

サーフィンなどマリンスポーツをする人にとって、車のシートが濡れてしまうのが面倒だったりします。

しかしスペースギアの場合、シートが全て撥水加工されているので、濡れた荷物はもちろん、自身が濡れてしまっている場合でも気にせず乗車することができます。

マルチハイブリッドでターボでも燃費向上

スペースギアは軽自動車では珍しいハイブリッド車種です。

ターボ搭載車の場合、燃費が悪くなるのが一つのデメリットでもありますが、スペーシアギアはハイブリッド車種なため、ターボ搭載の力強いパワーと燃費向上を両立している車種です。

なので燃費もいいアウトドア車種を選ぶ際には、オススメの車種です。

アウトドアの本格派は『スズキ ジムニー』


最後にご紹介するのがスズキのジムニーです。

本格的なオフロードを求める人にはこれ一択でいいと言っていいほど、完成度の高いアウトドア専用軽自動車です。

ぬかるみにはまっても脱出するパートタイム4WD

ジムニーは一般舗装された道路では2WD、雪道などでは高速4WD、ぬかるみでは低速4WDと駆動を変えることができます。

路面状況に応じた駆動方式を選べるため、通常の約2倍の駆動力を確保することができます。

オフロードを想定した足回り

ジムニーの最大の特徴がその屈強な足回りといえます。

オフロードを想定した作り込みなため、凹凸路面などを走行しても重心が変わることなく運転することができます。

また凹凸路面などを走行した際にも、バンパーやマフラーなどが接触しないように設計もされています。

まとめ

スキーや釣り、キャンプなど様々な利用スタイルがあるアウトドアですが、それに応じて車種を選ぶといいですね。

特に今回紹介した3車種は、アウトドアを前提にした作り込みがされているため、利用スタイルにあった車種を検討してみてくださいね^ ^

【完結】軽自動車の車検費用から必要書類・相場まで【まとめ】

2019.04.24

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。