軽自動車でもスノーボードは行ける!【最適なスペックを解説】

こんにちは!マックです^ ^

スノーボードに行くなら必要になってくるのが車。

大きいワゴンタイプなどの普通車を持っている人であれば、スペースやパワーなどあまり気にする必要ないですが、軽自動車だと少し心配になりますよね。

そこで今回は、毎年スノーボードに行き続けて15年以上の筆者が、スノーボードに行く際に、軽自動車の最適なスペックなどを解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

軽自動車でスノーボードに行く際の最適なスペック

軽自動車でスノーボードを行くならオススメのスペックは以下の通り。

  • 雪道・スタックに強い4WD
  • 高速道路も快適運転!ターボ搭載車
  • スノーボードに行くなら絶対必要なスタッドレスタイヤ

雪道・スタックに強い4WD

当然ですが、室内スキー場を除けば基本的にスキー場は山にあります。

毎年スノーボードに行く人なら分かりますが、山って本当に気候がすぐ変わりますよね。

基本的には雪が降っても車が通る場所は平気だったり、除雪がされていたりするので大丈夫いなケースがほとんどではありますが、場合によってはスノーボードに行く前日に大雪が降っていることもあり、除雪などが間に合っていないことがあります。

そんな時に心強いのが4WD。

運転が苦手な人などが、そう行った雪道を走行した場合、場合によってはスタックすることもあるかもしれません。

スタックとは?

積もった雪道などで車が足元を取られることを言います。

ノーマルタイヤやFF車・FR車だとタイヤがスリップして抜け出せなくなることがある状況が多いです。

一般的に普通車より重量も軽い軽自動車は、抜け出すのも普通車よりは簡単とはいえ、雪の中限られた人数で車を押したりするのは大変です。

男性同士ならまだしも、力の弱い女性などしかいなかった場合、最悪JAFや通行している他の車に助けてもらうなどと行ったケースもあるかもしれません。

こう行った状況は特にFF車・FR車などだと自力で抜け出すのが難しかったりしますが、こんな時に心強いのが4WDです。

以前の記事では散々軽自動車の4WDを否定した当ブログですが、あれは平坦な都市部の場合に限ります。

スノーボードなどで雪道や山道を行くことがあるのであれば、断然4WDはオススメで、かくいう筆者の軽自動車も4WDです。

都市部の場合は軽自動車で4WDを選ぶメリットはなし!【3つの理由】

2019.04.29

高速道路も快適運転!ターボ搭載車

次に軽自動車の場合で断然お勧めするのが『ターボ搭載』。

スキー場などの近所に住んでいる場合を除き、一般的には高速道路を利用してスキー場へと向かいます。

そんな時に軽自動車の場合、素晴らしい助っ人となるのがターボなんですね。

ノンターボの軽自動車もある程度はスピードが出るものの、高速道路のちょっとした上り坂もフルスロットルでなければ上っていかないこともあるため、長距離運転でノンターボの軽自動車は非常に運転が辛いです。

普通車に見劣りしないパワー

反面、ターボ搭載車の軽自動車は、普通車とまではいかないものの、見劣りしないパワーを発揮してくれます。

高速道路などを利用した中長距離の運転では、非常に心強い助っ人になるのは間違いなしです。

軽自動車のターボについてあまりよくわからない方は、下記の記事を参考にしてもらえればOKです。

軽自動車をメインで使うならターボ搭載が必要【確実】

2019.05.02

スノーボードに行くなら重要なスタッドレスタイヤ

次にスノーボードに行くならもはや絶対とも言えるのが、スタッドレスタイヤ。

チェーンでも代用は可能なものの、やはりスノーボードに行くならスタッドレスタイヤにしておくべきです。

というのも先ほども説明した通り、山の天候は変わりやすいということと、一番危険なのは高速道路。

よくあることで、高速道路のトンネルに入る前は全然雪も降っておらず安心していたら、トンネルを抜けた瞬間に大雪みたいなこともよくあります。

スタッドレスタイヤを履いていれば、急な雪道にもすぐ対応してくれますが、チェーンなどの場合、車を停車した後にチェーンを巻かなければいけません。

基本的に高速道路の場合は、電光掲示板などで雪の状況などを案内や規制などされていることも多いですが、万が一もあるのでなるべくスタッドレスタイヤにした方が無難です。

スポンサーリンク

基本的にどの軽自動車でもスノーボードは行けます【おまけ】

ここまでに最適な軽自動車のスペックを説明してきましたが、こうしなければならないと言うものは一切ないので、初めて軽自動車でスノーボードに行く人などは安心してくださいね^ ^

ただしこれまでに説明したようなものが最適なだけです。

筆者自身、ノーマルタイヤでスキー場に行ったことはなんどもありますし、スタッドレスタイヤも天候によっては必要ないので、チェーンで充分に代用できることもあります。

またターボなしでも当然スキー場には着きますし、2WDであっても運転はできます。

ただし、当然上で説明したような内容が一番楽で安全と言う話なので、スキー場に何回もいかないのであれば、レンタカーを借りる方法もあるため、ケースバイケースで決めるといいです。

まとめ

スキー場に行く場合、やはり普通車の方が運転も楽で積載量もあるので、基本的には普通車で行くことをオススメしますが、場合によっては軽自動車で行くこともあると思うので、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

【完結】軽自動車の車検費用から必要書類・相場まで【まとめ】

2019.04.24

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。