国土交通省を脅迫⁉︎スバルの従業員を装って包丁送りつけた村山剛容疑者って⁉︎

ざっくり説明すると

  • スバルの従業員を装った32歳の男が国土交通省を脅迫して逮捕された
  • 昨年の11月に包丁と脅迫文を送り、業務妨害をした疑い
  • この男性は一時期、スバルで働いていたらしい
スポンサーリンク

スバルや国土交通省に何をした?

時事通信によると28日にスバルの社員を語って国土交通省に脅迫文を送ったとして、村山剛容疑者を逮捕したという。

SUBARU(スバル)の社員をかたって国土交通省に脅迫文や包丁を送ったとして、警視庁捜査1課は28日、威力業務妨害容疑で、東京都大田区久が原、職業不詳村山剛容疑者(32)を逮捕した。

容疑を認めているという。

逮捕容疑は昨年11月上旬、国交省に対し、「リコールの問題などで現場は大変になっている。なのでお互い同じ場所に行きましょう」などと書かれた脅迫文と包丁1本が入った封書を郵送し、業務を妨害した疑い。

 同課によると、村山容疑者は2015年ごろに半年間、期間工としてスバルで働いていたという。脅迫文では実在する同社社員を名乗っており、検査不正問題によるリコール(回収・無償修理)に言及していたとみられる。

脅迫文と一緒に包丁も送りつけるとは、32歳の男がすることとは思えません。

実際に2015年ごろから期間工として働いていたらしいので、その当時の腹いせか何かで今回の事件を起こしたのかもしれないです。

しかもこの脅迫文は国土交通省のほか、スバルの工場や社員に対して計2通届いているみたいです。

スポンサーリンク

逮捕された村山剛容疑者って何者?

村山剛容疑者について少し調べてみました。

今ニュースなどで出ている情報は、東京都大田区久ヶ原在住で職業不詳の32歳ということです。

しかし試しにフェイスブックやツイッターなどで調べてみましたが、該当する男性はいませんでした。

実在するスバルの社員を名乗っているということは、その当時に知り合った知人などに対する恨みでやった行為なのかもしれませんね。

 

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。