車検証の不携帯ってどれくらいの罰則?意外に重い違反なので要注意!

こんにちは!マックです^ ^

皆さんは車検証をきちんと車に保管・携帯をしていますか?

不携帯くらいたいしたことないでしょ?車検も通ってるし…

このように考える方も少なくないかもしれませんが、知らず知らずのうちに不携帯になっていると、意外と重い罰則があるので要注意です。

そこで今回は、車検証の不携帯にはどれくらいの罰則があるのか?注意点もまじえながら説明をしていきます。

気になった方はぜひ参考にしてみてくださいね^ ^

この記事で解決できること

  • 車検証の不携帯の罰則について知ることができる
  • 自賠責保険書不携帯の罰則について知ることができる
スポンサーリンク

車検証不携帯の罰則について

まず細かい説明をして行く前に、そもそも車検証の不携帯はなぜ罰則があると言われているのか?について説明をしていきます。

第六十六条 自動車は、自動車検査証を備え付け、かつ、国土交通省令で定めるところにより検査標章を表示しなければ、運行の用に供してはならない。

引用:道路運送車両法

このように車検証は本来車に備え付け(保管)を法律で義務付けをされていて、これに違反したことによる罰則があるということなんですね。

では次にこれらの法律に違反した場合、どの程度の罰則・罰金などがあるのかについて説明をします。

道路運送車両法では50万円以下の罰金

法律に違反をしたのであれば、当然罰則があります。

道路運送車両法では以下の通りに定めています。

第百九条 次の各号のいずれかに該当する者は、五十万円以下の罰金に処する。

八 第六十六条第一項(第七十一条の二第四項において読み替えて適用する場合を含む。)の規定に違反して、自動車検査証若しくは限定自動車検査証を備え付けず、又は検査標章を表示しないで自動車を運行の用に供した者

引用:道路運送車両法

自動車検査証とはいわゆる車検証のことをさしていて、検査標章というのはいわゆる車検シールのことを言っています。

注意しておかなければいけないのは、車検証の不携帯だけではなく、車検シールを貼っていない場合も同様の罰則があるということ。

車シールについては「車検シールの位置や貼り方・再発行まで【保存版】」の記事でも説明をしているのでそちらをご覧ください。

自賠責保険証の不携帯にも要注意!

車検証というのは基本的にファイルに保管をされています。

このファイルには車検証の他に自賠責保険証も一緒に保管がされていることがほとんどです。

もし仮に、このファイル一式が不携帯なのであれな、車検証の不携帯と同時に自賠責保険証の不携帯もしている可能性があるので要注意です。

というのも自賠責保険証は、車検証と同様に車を運転する場合は備え付けを義務付けされているからです。以下をご覧ください。

第八条 自動車は、自動車損害賠償責任保険証明書(前条第二項の規定により変更についての記入を受けなければならないものにあつては、その記入を受けた自動車損害賠償責任保険証明書。次条において同じ。)を備え付けなければ、運行の用に供してはならない。(自動車損害賠償責任保険証明書の提示)

引用:自動車損害賠償保障法

このように自賠責保険証の備え付けは、自動車損害賠償保障法によって定められています。

自賠責保険証の不携帯は30万円以下の罰金

自賠責保険証の不携帯には当然、罰則があります。

具体的には、自賠責保険証の不携帯は30万円以下の罰金とされています。以下をご覧ください。

第八十八条 次の各号のいずれかに該当する者は、三十万円以下の罰金に処する。

一 第八条又は第九条の三第一項若しくは第二項(第九条の五第三項及び第十条の二第四項において準用する場合を含む。)の規定に違反した者

引用:自動車損害賠償保障法

このように、自賠責保険証の不携帯も30万円以下の罰金と定められているため、車検証などが保管されているファイル一式の不携帯には要注意です。

道路交通法ではないので違反点数はなし

ここまでの説明で、車検証の不携帯・自賠責保険証の不携帯には罰則(罰金)があることは理解できたと思います。

そこで気になるのが違反点数についてですが、車検証・自賠責保険証の不携帯をしていても違反点数はありません。

ん?どうして?と思われるかもしれませんが、これらの法律は道路交通法ではなく、車検証不携帯は道路運送車両法、自賠責保険証の不携帯は自動車損害賠償保障法によって定められているからです。

違反切符を切るのはあくまで道路交通法のため、これらの罰則には違反点数は関係ないということは覚えておきましょう。

スポンサーリンク

車検証の不携帯はコピーなら罰則はないのか?

次に車検証の原本は盗まれると面倒なので、コピーを車に保管しているというような場合はどうなのか?

最近では車が盗難されてしまう「リレーアタック」などもあるので、そう考える方も少なくないかもしれません。

しかし結論からいうと、これも車検証の不携帯として扱われるため、違反ということになります。

あくまで車検証は原本を常時保管しなければならないため、コピーではなく、必ず原本を車に保管するようにしましょう。

車検証の不携帯はレンタカーや代車の場合はどうなる?

ここまでの説明で、概ね答えがわかるとは思いますが、レンタカーや代車であっても車検証の不携帯はNGです。

どこのレンタカーであっても当然、原本の車検証を保管しているので、仮に原本が保管されていない場合はお店側に確認を取る必要があります。

ネットなどではコピーでもOKのようなことが書いていることもありますが、コピーのまま運行した場合に罰せられるのは自身ですので、必ず確認を取るようにしましょう。

またレンタカーや代車を用意する業者側で、もしコピーでも問題ないようなことを言われたのであれば、そのような業者から車を借りることはやめましょう。

というより僕ならそのような適当な業者は断ります。

車検証が不携帯の状態で事故を起こすとどうなる?

基本的に交通事故を起こした場合は、警察に通報した上で警察官が現場確認をします。

その際に該当車両の車検証の提示を求められることになるかと思いますが、仮に不携帯なのであれば正直に申し出るようにしましょう。

車検証がない場合、現場に来た警察は車検シールやナンバー等で車検切れを起こしていないかの照合をするはずです。

ここで車検切れを起こしていないのが確認できれば、場合によっては厳重注意で終わることもあるようですが、本来は罰則されるべき内容ではあるので、注意しましょう。

まとめ

今回のないよはいかがでしたか?

車検証の不携帯は今回説明したような罰則があるものの、場合によってはお咎めなしとされるケースもあるため、ネットなどにはコピーでも平気!不携帯でも大丈夫!などの記載が見受けられますが、罰則は考えているよりも重いということは念頭に置いておいたほうがいいと思います。

その場の警察官の判断に委ねるのではなく、あらかじめ携帯しておけば余計な心配をする必要もないので当然といえば当然ですよね^ ^

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。