車が廃車寸前!買取ってもらえる??【豆知識】

こんにちわ!マックです^ ^

あまり車に乗っていない方や、車のメンテナンスなどをしていない方だと車ってどんどん悪くなっちゃいますよね^ ^

そうこうしているうちに車が廃車寸前!

もうこんなボロボロになったら廃車しかないかな〜って思うかもしれませんが、ちょっと廃車にするのは待った方が良いかもしれませんよ^ ^

結論から言うと、廃車するしかないような車であっても買取をしてくれる場所はあります

一般的には買取を断られることが多い車であっても、お金に変えることはできるんです。

では、どういった方法があるのか?をこの記事では説明していきますね^ ^

スポンサーリンク

車は廃車の状態でも買取場所は必ずある

自分で車を見ると、

これはもう売れる状態の車じゃないな〜

って思ってはいませんか?

実はどんな状態の車であっても現金化する方法はいくらでもあります

はい。どんな状態であってもです^ ^

ただ買取をしてもら場所が変わることはあります

え?どう言うこと??

って思うかもしれませんが、通常、車を買い取ってもらおうとしたら、中古車販売店車買取業者ですよね?

もちろん、車の状態によっては買取をしてくれる可能性はあります。

ただ、当然業者によっては車の買取を断ってくる、もしくは買取価格がつかない、引き取りだけは無料みたいな事を言われてしまうこともあるでしょう。

ちょとこの状態の車だと値段はつけられませんね!

みたいな事を言われちゃうと、ま〜しょうがないよな〜って思っちゃいますよね^ ^

ただまだ決めつけるのは早いかもしれませんよ^ ^

買取査定をお願いする場所を変えるだけで、他では値段がつかないと言われた車でも買取してくれる可能性があるからです。

ではどういったところが買取をしてくれるのか?

この買取先について少し掘り下げて説明しますね^ ^

車を売却する際の流れについては「車を売却する方法と手続きの流れについてまとめてみた」にまとめているので、ぜひ合わせてご覧になってくださいね^ ^

まずは車のディーラーか買取業者で査定してもらう

当然ですが、まずは車のディーラーか買取業者で現状の車の査定をしてもらいましょう。

と言うのも、自分で見て売れないだろうなぁと感じても、実際に車を査定するプロが見た場合、意外と値段がついたってことはよくあります

なので素人感覚だけで売れないと決めつけてしまうのではなく、まずは車を査定するプロにきっちり見てもらうことをオススメします^ ^

売れないと思っていた分、値段がついたりしたりするとすごい嬉しいですよ^ ^

ただちゃんと車の査定をしてもらったけど、もう車を廃車にするしかないなぁって方は、次に説明する内容をしてみるといいかもしれません。

廃車専門の買取業者を利用してみる

先ほども説明した通り、通常であれば中古車販売店や買取専門業者に買取査定を依頼すれば査定価格を出してくれます。

ただし、こういったところではすぐに再販出来るような状態の車を主に買取しているので、廃車寸前の車を好んで買取しようとはしません

なぜかと言うと、もし仮に再販をしようと思っても、メンテ費用などが多くかかってしまうような状態だとメンテ費用すら元を取れなくなってしまう可能性があるからです。

また修理をしない状態で売ろうとしても、利益も出せない状態で売らなければならないことがあります。

こういったことからも、あまりにも状態が悪いような車の買取は積極的には行わないことが多いです。

なので、もう廃車しか選択肢がないなと感じたのであれば、利用して見るべきなのが、廃車専門の買取業者です。

この廃車買取業者であれば、通常の買取業者でも値段がつかなかったような車であっても買い取ってくれる可能性があります。

廃車専門の買取業者は再販ルートが違う

通常は車を買取したら多少のメンテナンスをした上で、国内販売をしますよね^ ^

しかしこの廃車専門の買取業者は色々な再販方法を利用していることが多いです。例えば、

  • 部品として再販
  • スクラップとして売却
  • 海外への再販ルート

などがありますね。

なので、どういった状態の車であっても買取をしてくれます

直接スクラップ業者に持ち込みをする

もう一つの方法が、直接スクラップ業者に持っていってしまう方法です。

いわゆる車の解体、鉄くず業者さんですね^ ^

スクラップ業者の場合、使える部品やパーツを再販するほかに、鉄自体でも利益を上げているので、当然鉄の塊である車は買取してもらえます。

鉄の価格は日々変動する

スクラップ業者の場合、車を買取すると言うよりは車に使用されているを買取するので、当然、鉄の価格帯によって買取料金が変わってきます

この鉄の相場は日々、変動しているので、持ち込みをした際の鉄価格の相場で引き取り料金が決められます。

ただ大体の金額相場で言うのであれば、

  • 軽自動車の場合、1万円前後
  • 普通自動車の場合、2万円前後
  • 外車など重量のある車の場合、3万円前後

このような価格帯になるかと思います。

車の廃車手続きは自分

スクラップ業者に持ち込みをした場合の、最大のデメリットは何と言っても手続き関係です。

車を廃車・解体するには所定の手続きをしていく必要があり、これがなかなか面倒です。

大まかには次の通りです。

  1. 車の一時抹消登録
  2. 車の解体
  3. 解体届け

このような流れをご自身でやる必要があります。

車の一時抹消手続き

まず車を解体する前に一時抹消の手続きを行います。

これに必要な書類は、

  • 自動車車検証
  • 自動車税・自動車取得税申告書
  • 印鑑証明書
  • 実印
  • ナンバープレート

これらが必要になりますので、まず解体業者を探したらナンバープレートを外してもらいましょう。

これは個人で外してしまうと違法になりますので、必ず、解体業者に取り外しをお願いした上で、必要書類を陸運局に持参し、所定の手続きを行う必要があります。

車の解体

先ほど依頼していた解体業者にて、車の解体をしてもらいます。

この解体は時期や業者によって様々ですが、概ね1週間程度だと思います。

解体作業が完了すると解体通知というのが送られてきますので、これは捨てずに保管をしてください。

解体届け

所定の手続きと解体作業が完了したら、最後に解体届けの手続きを行う必要があります。

再度、陸運局に出向いて手続きを行いますが、その際に持参しなければいけないものが、解体通知登録識別情報等通知書になります。

登録識別情報等通知書は、最初に行なった一時抹消の手続きの際にもらいますので、そちらを持参してください。

また車検がある程度残っている場合は、重量税の還付もありますので、還付される際の振込口座情報を伝える必要があります。

以上がスクラップ業者に依頼した際に、ご自身でやらなければいけない手続きです。

正直、結構面倒ですよね^ ^

また陸運局は平日しかやっていないので、時間があまり取れない人だとちょっと難しいかもしれないです。

これらの手続きが面倒だなって場合は、ディーラーや買取業者に廃車手続きを依頼するか、廃車買取業者に依頼することで、全ての手続きを代行してくれます。

個人売買も検討の余地あり

一昔前までは個人間での取引はあまりありませんでしたが、今は色々なサービスが充実しています。

例えば有名なメルカリであったりヤフオクなんかがそうですね^ ^

特にやってみる価値があるのがメルカリです。

基本的にメルカリもヤフオクも出品手数料は無料です。

メルカリの場合は、落札価格の10%。ヤフオクの場合、プレミアム会員だと8.64%ですが非プレミアム会員だと10%と別れているんです。

ちなみにこのプレミアム会員になるには、月額で498円支払う必要があります

また利用方法もヤフオクの場合はオークション出品とフリマ出品と別れていてちょっと初心者には分かりづらいです。

なので、あまり操作をしたことがないような方であれば、メルカリの方が直感的に操作もできるし簡単なので、結構オススメです^ ^

いきなり車はちょっと不安だな〜って方は、まず家にある不用品などを売ってみて操作を覚えてみるのもいいと思います。

ただし個人売買は注意が必要

当然、メルカリやヤフオクも各種保証制度がありますが、それでも色々なトラブルがあるというのが実情です。

特に車の場合は名義変更の手続きなどをしなければならないので、商品を送ってはい終了ってわけにはいきません。

なので、こういうネットが発達した時代だからこそ、信用のできる購入者さんを見つけた上で、売却をする必要があると思います。

その上で出品者側も守るべきことは、嘘の内容は書いたらいけないってことです。

少しでも高く売りたいが故に、嘘の内容を書いてしまうと当然あとあとトラブルになる可能性がありますので、正直な内容を書きましょう。

また購入を検討する方からの質問などにも真摯に対応しておくことで、後々のトラブルを未然に防ぐことができます。

なので、ご自身で廃車寸前だなと感じているのであれば廃車寸前と記載するのもいいでしょうし、部品取りの車という形で出品するのもいいかもしれませんね^ ^

スポンサーリンク

車の廃車買取をしてもらうと場合によっては税金が還付される

自動車税は1年先払いの税金です。

また重量税なども車検時に2年分を先払いする税金なので、残存期間がある場合、本来還付される税金です。

税金については、「車を売却する際の税金(自動車税と重量税)についてまとめてみたよ」でまとめていますので、合わせてご覧ください^ ^

また場合によっては、自賠責や車検などの残存期間も支払ってくれる場合もあります

しかしこれらの税金や保険は、買取業者によっては廃車手続きと相殺する場合も多いので、念のため確認するといいと思います。

まとめ

今回の内容はいかがでしたか?

車は廃車しか選択がないなぁと思ってたけど結構方法があるんだなと感じてもらえたなら嬉しい限りです^ ^

少し内容をまとめると、

  • 自分では売れないと思ってもとりあえずプロに査定してもらう
  • 車の買取は、廃車専門の買取業者も存在する
  • スクラップ業者に直接持ち込むこともできる
  • 個人売買も一つのやり方
  • 場合によっては税金や保険が戻ってくることもある

こんな感じですね^ ^

車の状態などもケースバイケースだと思いますので、ご自分にあった内容で、今回の記事を参考にしてもらえると嬉しいです。

 

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。