自動車保険の自転車特約は必要か?事故が起きた際に補償される範囲とは?

こんにちは!マックです^ ^

最近では維持費も多くかか理、災害時には交通麻痺も起こしてしまう車は車離れが進み、自転車に乗る人が増えたとされています。

空前の自転車ブームとも言える時期でもありますが、それに比例して自転車がきっかけの事故も多く多発しているのは皆さんもご存知のことかと思います。

自転車の場合、自動車とは違い気軽に乗ることができるのが特徴でもありますが、自動車に比べると交通事故に対する意識も少ないような気もします。

特にここ最近では自転車を乗って起こした事故で、死亡事故を起こしてしまい高額な損害賠償命令がでる判決などもニュースなどで取り上げられていましたよね。

これらの事故が多くメディアで取り上げられたことを受け、各保険会社では自動車保険のオプションの中で、自転車事故に対する付帯保険として「自転車特約」を販売しているのをご存知ですか?

一昔前までには聞かなかったこの「自転車特約」ですが、自転車に普段乗られている方は気になる人も多いのではないかなと思います。

そこで今回は、この「自転車特約」にフォーカスして説明をしていこうと思いますので、気になる方はぜひ、この記事を参考にしてみてください。

この記事で解決できること

  • 自動車保険の自転車特約について知ることができる
  • 自転車特約の選び方がわかる
  • 自治体が義務化している内容について知ることができる
スポンサーリンク

自動車保険の自転車特約とは?

自動車保険の中には人身障害補償保険というものがあります。

これは主に自動車に乗って起きた事故に対して、治療費などを補償するための保険です。

それに対して自動車保険の自転車特約は、自転車に乗って起こしてしまう事故に対する保険というのがポイント。

ただしこの自動車保険の自転車特約は、一般的な自転車保険とは補償範囲が違うこともあるので注意が必要です。

なお自転車特約は、保険会社によって呼び名が統一されていませんが、ここでは自転車特約として説明をします。

自転車保険と自転車特約の違い

自転車保険と自動車保険の自転車特約は、どちらも同じように聞こえますが実は内容が大きく異なることはご存知ですか?

一般的に自転車保険とは、自転車に乗って起こしてしまった事故で、自分自身の怪我などによる補償と相手側の損害賠償補償の両方をカバーしているものがほとんどです。

それに対して自動車保険の自転車保険特約は、怪我に対する補償をメインとしたものや、損害賠償をメインとした補償内容と分かれていることがあり、どちらもカバーしているとは限らないということを覚えておきましょう。

POINT

自動車保険特約は傷害補償と賠償補償が別れている場合がある

自動車保険の自転車特約の補償範囲

先ほども説明した通り、自動車保険で販売されている自転車特約は、保険会社によってその補償範囲が大きく異なります。

怪我などをメインに補償するものや、損害賠償責任補償をメインに補償するものと様々。

しかし自転車特約の多くは、自分自身の怪我に対する補償をメインとしたものが多く、賠償責任補償までカバーしているものは少ないですので、加入する際には補償範囲を確認する必要があります。

ただし怪我補償をカバーした自転車特約であっても、個人賠償責任特約がある場合はこれに加入することで賠償責任補償をカバーできることもあります。

通常は自転車保険に加入しようと考える人は、高額な賠償責任補償に対する保険として考える人が多いと思うので、そういった場合は賠償責任補償をカバーできる補償を選ぶ必要があるので、注意が必要。

スポンサーリンク

自転車保険は義務化されている自治体もある

実は自転車保険は、全国的に少しづつ義務化の流れが進んでいるのをご存知ですか?

この背景には、2008年に起きた事故が大きく関係をしています。

当時小学5年生の男の子が自転車に乗り女性と衝突し、頭蓋骨骨折などで重体になった事件です。この事件はその後保護者に対して、9500万円の賠償金支払い命令が出たのは記憶に新しいかもしれません。

自転車保険の役割は相手側の補償が大きい

このような背景からも自動車保険の役割は、相手側に対する賠償補償という部分が大きく占めます。

加害者にとっても、高額な賠償金支払いを補償でき、被害者側にとっても、大きい怪我を受けた場合も補償が受けられるといったことにもなるからですね。

自治体で義務化しているのは賠償責任保険

自転車保険特約には、自分の怪我に対する補償と相手を補償する賠償補償と分かれています。

自治体が義務化している部分は、この賠償保険の方になるため、義務化されている場合は賠償責任補償がされているかどうかを、必ずチェックするようにしてください。

あくまで被害者保護が目的ということは覚えておくようにしましょう。

自動車保険の自転車特約の選び方

ここまでの説明で自転車特約は、自分に対する補償と相手に対する補償が分かれている場合があるということは理解できたと思います。

要は「自分向けの保険」か「相手向けの保険」かという違いですね^ ^

では具体的に、これらの自転車特約はどう選んでいったらいいのかについて説明をします。

傷害補償をカバーした自転車特約(自分向け)

自転車特約では、自分に対する怪我などをカバーした商品が多いと説明をしましたが、この特約を契約してメリットがある人は以下の通りです。

  • 傷害保険に入っていない人
  • 死亡保険に入っていない人
  • 医療保険に入っていない人

これらの保険に入っていな人は、傷害補償をカバーした自転車特約に入るメリットはあります。

というのも傷害補償をカバーした自転車特約は、自分自身に対する補償をメインとしているものなので、傷害保険・死亡保険・医療保険に入っていない場合は、自分自身に対する保険が健康保険のみとなります。

補足

なお自動車保険にも人身傷害補償というものがありますが、これは車の同乗者の怪我や死亡などを補償対象とした内容です。

この保険の中には車に乗っていない場合も補償範囲としているものがありますので、そういった場合は自転車特約と補償内容が重複する場合があるので、自転車特約に加入しなくても平気でしょう。

賠償責任補償をカバーした自転車特約(相手向け)

賠償責任補償をカバーした自転車特約は、個人賠償責任保険と呼ばれているものです。

しかしこの個人賠償責任保険というのは、案外他の部分で加入しているケースがあるので、補償内容が重複している場合は、あえて加入する必要もありません。

  • 火災保険の特約
  • クレジットカードの特約

実は火災保険にも個人賠償責任保険特約というものがあります。これに加入している場合、補償内容が重複するのであえて自動車保険の特約を加入する必要もありません。

また最近ではクレジットカードなどにも賠償責任保険を特約サービスとして出している場合があります。

これらに加入している場合は、自動車保険の自転車特約と重複してしまうため、一度内容は確認しておくといいでしょう。

逆にこれらに加入していない場合、自動車保険の特約である「個人賠償責任保険」に加入するメリットは充分あると言えます。

まとめ

今回の内容はいかがでしたか?

自動車保険にある自転車特約は、その多くが自分に対する補償の場合が多く、相手側の補償をするためには、個人賠償責任保特約に別で加入しなければならなことが多いので、利用価値は少し疑問なところもありますよね^ ^

場合によってはすでに個人賠償保険に加入していることもあり、傷害保険なども入っているのであれば補償内容も重複してしまいます。

なので加入する際には、現状入っている保険などと比べて補償内容が重複していないかなど調べた上で、加入することをオススメします。

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。