意外と使える自動車保険のロードサービス【基礎知識】

こんにちは!マックです^ ^

車のロードサービスといえば、すぐに思いつくのがJAFですよね^ ^

でも実は自動車保険でも付帯サービスとして、ロードサービスを提供しているのはご存知ですか?

なんとなくは聞いたことあるけど中身までは…

確かにCMなどで見ることはあっても、なかなか中身まで知っている人までは少ないですよね^ ^

そこで今回は、自動車保険会社が提供しているロードサービスについて深掘りをしていこうと思いますので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね^ ^

この記事で解決できること

  • 自動車保険のロードサービスとJAFの違いがわかる
  • 提供されているロードサービスの内容がわかる
  • 利用料金について知ることができる
スポンサーリンク

自動車保険にあるロードサービスとは?

通常ロードサービスを受けるには、JAFなどに加入しなければ受けることができません。

しかし自動車保険に加入をしておくと、各保険会社が提供しているロードサービスを受けることができます。

また自動車保険のロードサービスは、各保険会社が差別化を図っている部分でもあります。

自動車保険のロードサービスとJAFの違い

自動車のトラブルが起きた場合、真っ先に思い浮かぶのがJAFですが、自動車保険のロードサービスとはどう違うのか?って気になりますよね^ ^

基本的に自動車保険のロードサービスの内容は、保険会社のによって違いがありますが、JAFと比較した場合の簡単な違いは、

  • JAFのロードサービスはがサービスの対象
  • 自動車保険のロードサービスは契約車両が対象

ということです。

例をあげるとJAFの場合、レンタカーや友達の車に同乗している場合であっても、利用することができます。

一方で自動車保険のロードサービスの場合、契約した車両以外のトラブルでは利用することができません。

自動車保険のロードサービスは会費が無料

JAFの場合、ロードサービスを受けるのは会員になる必要があり、年会費がかかってしまいます。

一方で自動車保険のロードサービスの場合、あくまで自動車保険の付加サービスとして提供されているものなので、無料で提供しているところがほとんどです。

自動車保険のロードサービスは等級に影響しない

また気になることといえば、ロードサービスを利用してしまうと等級に影響が出てしまうのではないか?ということです。

しかし自動車保険のロードサービスは、利用したからといって等級に影響は全くありません

基本的に等級に影響が出るものは、保険金を請求した場合に限るので、それ以外のものは関係がないということは覚えておきましょう。

スポンサーリンク

自動車保険のロードサービス内容【一覧】

では具体的に自動車保険のロードサービスとは、一体どういった内容のものが含まれているのか?って気になりますよね^ ^

対応サービス レッカー
サービス
車両トラブル 宿泊・帰宅費用
対応内容 無料の
範囲
落輪 ガス欠 バッテリー上がり パンク時のスペアタイヤ交換 キー閉じ込み 宿泊費用
限度額
帰宅費用
限度額
車両搬送限度額
あいおいニッセイ同和 30万円 10ℓ 1万5千円/名 2万円/名 15万円
アクサダイレクト 35km 有料
(10ℓ)
搭乗者全員分の
宿泊費1泊まで
被保険者の同乗人数
車検証記載の乗員を限度
無制限
イーデザイン損保 60km 10ℓ
SBI損保 50km 10ℓ 1万5千円/名(1泊まで) 無制限 無制限
セゾン自動車火災 15万円 10ℓ 1万円/名(1泊まで) 2万円/名 15万円
損保ジャパン日本興亜 15万円 10ℓ
チューリッヒ 100km 10ℓ 搭乗者全員分、全額補償(1泊まで) 搭乗者全員分全額補償 無制限
東京海上日動 15万円 10ℓ 5万円

※タクシーの場合1万円/台
10万円
三井住友海上 30万円 10ℓ 1万5千円/名 2万円/名 15万円
三井ダイレクト 50km 有料
(10ℓ)

自動車保険のロードサービスにはこれらの内容が含まれていて、保険会社も各社そのサービス内容で競っているという感じですね^ ^

レッカー移動(自走できない場合)

運転中に突然車が動かなくなってしまうなどのトラブルにあった場合、レッカーサービスを利用することができます。

レッカー移動の場合、保険会社によって移動できる距離を基準にしているところや、限度額〇〇円と決めているところがあります。

バッテリー補充

車に乗っていると、うっかりライトを付けっ放しにしてしまうこともありますよね^ ^

当然、バッテリーが上がってしまい、エンジンをかけることもできなくなってしまいますが、そんな場合にも自動車保険のロードサービスを利用することができます。

ただしバッテリーの場合、保険契約期間中に1回までとしているところが多いのが特徴。

タイヤのパンク

そのほかにもタイヤがパンクしてしまった場合にも、スペアタイヤがある場合、自動車保険のロードサービスを利用することができます。

ただしタイヤ交換の場合、基本的に30分以内の作業としているところが多いので、ここも比較対象にはなると思います。

自動車保険のロードサービスは回数制限がある

ここまでの説明で、自動車保険のロードサービスは充実していることを知ることができたと思います。

ただし1点注意すべきことがあり、JAFの場合は会員期間中の利用制限はありませんが、自動車保険のロードサービスの場合、各サービスは契約期間中に1回のみの利用制限がついていることがほとんどです。

なので、何度でも同じサービスを無料で受けられるわけではないということは、理解しておくようにしましょう。

自動車保険のロードサービスは利用料金が保険料に含まれている

ここまでに説明してきた自動車保険のロードサービスは、基本的に利用料金が保険料に含まれているため、無料で利用することができます。

ただし、保険会社によって無料にしている範囲などが違うので、注意が必要です。

また保険会社によっては特約として、ロードサービスを提供している場合もあるので、加入する際には一度チェックして見るようにしてくださいね^ ^

まとめ

今回の内容はいかがでしたか?

自動車保険のロードサービスは非常に充実しているため、各保険会社も差別化するため色々と内容を変えたりもしています。

ただし注意が必要なのは、JAFの場合は人に対して提供されるサービスのため、レンタカーや自分以外の車であっても利用ができますが、自動車保険のロードサービスは車両に対して提供されるサービスなので、この辺りは事前に理解しておくようにしましょう。

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。