車を売るならどこがいい?【無知で高値はありえません】

こんにちは!マックです^ ^

これから車を売ろうとしている人にとって、売却先の選定ってどこにすればいいのか悩みどころですよね。

乗っている車のディーラーなら安心感はあるけど、ネットには安く買取されると書いてあるし…

オークションは難しそうだし…

確かに車を売る先は星の数ほどありますから、人脈やコネがない人にとってはなかなか決められません。

とはいえせっかく売るのであれば、高値で買い取ってもらいたいというのが心情ですよね。

でも実は車を高値で売ることは、さほど難しいことではないんです。

ただし、前提となる知識は入れておく必要があります。

なのでこの記事では、車を高値で売るならどういったことを知っておくべきなのか?

業者選定の方法も含めて解説をしていきます。

  • 車関係の人脈がない
  • 初めて車を売る
  • 高値で車を売りたい

これらに該当する方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

車を売るならどこがいい?【前提知識】

まず車を高値で売るなら、まず以下の内容を知っておく必要があります。

  • 自分が乗っている車の買取相場
  • 車の売却方法の種類

では順を追って説明します。

自分が乗っている車の買取相場

まずこれから車を売ろうとしているのであれば、自分の乗っている車の市場相場を確認する必要があります。

これには、以下の理由があります。

  • 騙されるリスクが減る
  • 本当に売るかどうかの判断もできる

騙されるリスクが減る

車を売る際には、まず買取業者に車の査定をしてもらう必要があります。

その際に買取価格を提示してもらいますが、その買取価格が妥当なのかどうかは、市場相場を知っていないと判断がつきません。

どの買取業者も当然安く仕入れをすることが、自社の利益に直結をしますので、色々な営業トークを武器にあなたの車を安く仕入れようと仕掛けてきます。

ここでなんの知識もない状態で業者と交渉をしてしまうと、いわゆるカモにされてしまいます。

なので自己防衛も含めて、自分の車の市場相場を知っておく必要があります。

本当に売るかどうかの判断もできる

また反対に、車を売る側の判断も確かめることができます。

というのも市場相場を知らない状態で高く売れると思っていると、案外自分の車に市場価値がない場合もあります。

価値がない=安値

ということにもなるため、自分の想定している価格帯と開きがあるので乗りつぶそうというパターンもあるかもしれません。

これを色々と査定や業者選びに時間や労力をかけた後に判断するのは、非常に非効率でもあるので事前に相場を知っておくことが重要です。

匿名で調べられるサイトを活用

とはいうものの、事前相場を知るために査定をしてもらう必要はありません。

ここでの目的はあくまで「概算相場」を知ることにあります。

概算相場を知るために業者へ査定依頼をしてしまうと、当然営業の電話やメールなどが発生してしまうため、売るかどうかもわかっていない、もしくは定まっていない時期に依頼をする必要はないです。

そこで活用していきたいのが、匿名で市場相場を調べられるサイトです。

例えば、

などがあります。

これらは全て無料でかつ匿名で利用することができるので、これから車を売ろうか悩んでいる状態なのであれば、まず活用して損はないです。

なおこれらの匿名で利用できるサイトについては、「車の買取査定相場を匿名で調べられるサービス【厳選】」でも説明をしているので、この記事を参考にしてもらえればOKです。

上記で説明したサイト以外も説明しているので、参考にしてみてください。

車の売却方法の種類

次に市場相場も確認した上で、車を売る方向性になったのであれば、車の売却方法について知っておきましょう。

車を売るには大きく分けて、以下の方法があります。

  • ディーラー
  • 街の車屋さん
  • 自動車オークション
  • 買取専門業者
  • 車買取一括査定

ディーラー

まず車の売却先の一つに、自分が乗っている車のディーラーなどがあります。

ディーラーの場合、どの地域にもあり会社母体が大きいので、車を売る側にとっては安心して売却ができる先の一つです。

ただし、再度車を購入するために下取りとして出すのであれば、比較的査定価格も高く提示される場合がありますが、高額査定は出にくいのも実情です。

とはいうものの、不人気の車種などでも値段をつけてくれるので、人気車種でない人・型落ちしている車の場合は、オススメです。

また店舗による差も出にくいというのも特徴と言えます。

街の車屋さん

いわゆるモーター屋さんになりますが、基本的に仕入れはオークションにしているところも多く、買取だけを見るとそこまで強くないところが多いです。

またディーラーと比べても地域差も出やすく、知り合いなどがいない場合、自分でいい場所を探すのは苦労すると思います。

人脈などがある場合は利用するのもありだと思いますが、飛び込みでの利用はそこまでお勧めできません。

自動車オークション

自動車オークションには、ヤフオクなどの個人が利用するようなネットオークションと、業者が利用している業者オークションがあります。

前者の場合、個人間取引のため、後々のトラブルにも発展しやすいので、車のような高額商品で利用するのはあまりお勧めはできません。

しかし最近では個人間取引に買取専門店などがサポートをするようなタイプ(ガリバーフリマ等)もあるので、そういった場合はトラブルも少ないので、利用してみてもいいかもしれません。

簡単に車の査定ができるアプリ調べてみた」記事でも紹介しているので、気になる人は参考にしてみてください。

また業者オークションは、個人が直接取引はできないため、業者にオークションを代行してもらう必要があります。

この場合、5万円前後の出品手数料や代行手数料などもかかり、売れない場合であっても手数料分はかかってしまうため、初心者には不向きの売却方法です。

買取専門業者

次に買取専門業者ですが、いわゆるアップルやガリバー・ラビットなどがこれに当たります。

車種などによっては高額査定が出やすいものの、地域性や店舗・担当者でのばらつきが目立つのも特徴です。

また不人気の車種・型落ちの車などは査定自体を断られるケースもあります。

とはいえ車を売却する場合、ディーラーとこの車買取業者の2択のような部分もあるため、売却先としては外せない方法の一つです。

この買取業者については、「大手の車買取業者ランキング!口コミを比較してみた結果」で口コミなどを比較してまとめているので、参考にしてみてください。

車買取一括査定サイト

最近多いのが、この車買取一括査定サイトです。

これは買取業者を一つにまとめたサイトで、先ほど説明した買取業者の多くはこの車買取一括査定サイトに登録をしています。

業者も紹介手数料を運営側に支払うため、買取に力を入れるケースが多いです。

しかし、多くの業者に一括で申し込みをする性質上、営業の電話やメールが非常に多くきます。

とはいうものの、自分で一つ一つ買取業者を探す手間が省けるということと、一気に買取価格を比較することができるので、少しでも高く売りたい人にはオススメの方法の一つです。

スポンサーリンク

少しでも高値で車を売るならポイントは3つ【理由も解説】

ここまでの説明通り、車を売る先や売る方法は多くあり、どれか1つに固執する必要もありません。

というのも、基本的に車の買取価格というのは、その時々のオークション相場(市場価格)で決まるので、端的いってしまえば買取価格の上限は決まっています

ではなぜ買取価格に開きができるのかというと、結論から言ってしまえば「安く仕入れる(買い取る)のが仕事」だからです。

安く仕入れて高く売ることが会社の利益ですから、当然といえば当然です。

とはいうものの、売る側からしたら高く売りたいのも当たり前なので、ここでは売る側の視点で、より高額査定を引き出す方法を説明します。

と言ってもやり方は簡単で、以下のポイントを抑えるだけです。

  • 数社に買取査定を申し込む
  • 一番高値のところに売却すると予め伝えておく
  • 比較して高値をつけた業者に売る

たったこれだけです。

数社に買取査定を申し込む

まず車の買取査定をしてくれる業者に、複数申し込みをしましょう。

この時に申し込みをする数は、最低でも4〜5社くらいあったほうがいいです。

というのも、買取価格を比較する目的の他、業者同士で価格を競ってもらう必要があるからです。

要するに競りにかけるイメージをしておくといいです。

この時に選ぶ業者は、先ほど説明した業者であればどこでも大丈夫ですが、ディーラーと買取専門業者は入れておくといいと思います。

また買取業者も1つ1つ探すのが面倒だと思う人は、車買取一括査定サイトなどを利用するのもいいでしょう。

一括査定サイトについては「簡単に車の下取り・買取査定ができるサイトまとめ」でもまとめているので、気になる人は参考にしてみてください。

一番高値のところに売却すると予め伝えておく

次にここが重要で、予め買取査定をする業者に一番高値をつけてくれた場所に売却する意思を伝えるということです。

要は業者サイドに「こちらは売る意思がある」ということと、「高値だけを比較している」ということを知らせておくということです。

また一番いいのは、買取業者を同時に査定して即決する旨を伝えるということです。

というのも、

  • 個別に対応していると時間がかかる
  • 即決出ないと概算しか言わない場合がある
  • 個別だとカモられる可能性がある

という理由があるからです。

まず個別で対応をしていると、日時の調整などもあり時間がかかります。

また即決する場合でないと、少しふかした概算見積もりしか出さない場合もあります。(後にくる業者に上乗せされないため)

また個別で対応していると場合によっては、営業トークで「他社でなくウチに今決めてくれたら限界の〇〇円出します」のようなケースもあるでしょう。

こう言ったことからも、同時に査定見積もりを出したほうがいいということになります。

比較して高値をつけた業者に売る

ここまできたら、あとは本当に高値をつけてくれた業者に売却をするだけです。

比較して業者同士で競り合うと、結果的に高値を引き出すことができます。

しかしこれはあくまで本当に売却を決めている人向けのやり方なので、まだ売却する意思が煮詰まっていないようなケースはやめておいたほうが無難です。

まとめ

今回の内容はいかがでしたか?

車を売却する方法も色々とあるので、自分にあったやり方で売却してみてください。

また車を高値で売る方法も、これ以外にも方法はあるかと思いますが、あくまで一例として参考にしてみてください。

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。