上海モーターショー2019開催!電気自動車の新モデルなど続々登場!

こんにちは!マックです^ ^

4月16日に「上海国際モーターショー2019」がついに開催されましたね^ ^

中国市場では環境規制などが強化されていることもあり、今後、環境に配慮したEV車などの市場が拡大していく見通しです。

世界最大級のモーターショーでもある上海モーターショーでは、トヨタも新型のEVを2車種お披露目をしています。

そこで今回は、上海国際モーターショー2019について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

トヨタが上海モーターショー2019で「C-HR」&「イゾア」を世界初披露!

画像引用:https://global.toyota/jp/

トヨタ自動車は、2019年4月16日に開催した上海国際モーターショーで電気自動車(EV)「C-HR」&「イゾア」を世界初披露しました。

C-HRは以前から中国市場でも発売をされていて、これをベースに開発された電気自動車(EV)が、今回の2車種です。

トヨタブランドとして中国初投入となるEVで、2020年に販売が開始されます。

トヨタでは他にも、中国初披露となるRAV4やアルファード、ヴェルファイヤ(HV)や、2019年3月から販売を開始した「カローラ」「レビン」のプラグインハイブリッド車(PHV)、中国の研究開発拠点であるTMECで開発した「中国の90後(1990年以降生まれ)の若者の価値観やライフスタイルに合うクルマ」として提案するEVコンセプト車「RHOMBUS」など、様々な電動車を今回の上海国際モーターショーで披露しています。

トヨタでは今回初披露した電気自動車(EV)「C-HR」&「イゾア」の2車種を皮切りに、2020年代前半にはグローバルで10車種以上の電気自動車(EV)を展開する計画をしているとのこと。

2030年には「グローバル電動車販売550万台以上」の目標としており、今後の電気自動車(EV)の普及が注目です。

2019年2月末現在、1997年販売を開始したHV「プリウス」からの電動車の累計販売台数は約1,300万台となり、CO2排出抑制効果は1億300万トン以上になると試算しています。

2018年11月、トヨタは、「中国国際輸入博覧会」において、e-Paletteを始めとした「電動化、知能化、情報化」を活用し、人々の生活を支える「新たなモビリティ」を提案しています。これらは東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ならびに北京2022オリンピック・パラリンピック冬季競技大会でも活用予定とのこと。

* トヨタ自動車研究開発センター(中国)有限会社/Toyota Motor Engineering & Manufacturing (China) Co., Ltd.
略称 : TMEC

スポンサーリンク

ホンダも上海モーターショー2019で中国専用EV「X-NV CONCEPT」を世界初披露!

 

画像引用:https://www.honda.co.jp/

ホンダも上海モーターショー2019で、中国専用電気自動車(EV)「X-NV CONCEPT」(コンセプトカー)を世界初公開しました。

X-NVコンセプトは、本田技研科技(中国)有限公司と東風本田汽車有限公司との共同開発により、東風ホンダとして中国市場に投入する初の量産EVのコンセプトモデルで、2019年後半の発売を予定しています。

また、4月末に広汽本田汽車有限公司より中国で発売予定の「ODYSSEY HYBRID(オデッセイ ハイブリッド)」を初公開しているほか、中国では第2世代となる「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を体験できるブースなども出展しています。

ホンダでは、昨年「2025年までに中国市場へ20機種以上の電動化モデルを投入する」という中国における電動化の中期ビジョンを掲げ、広汽ホンダより昨年発表した中国専用電気自動車「理念 VE-1」を始めとして、2020年以降にはプラグインハイブリッド搭載モデルの投入を予定しています。

加えて、4輪車以外にも、2018年に発表した電動2輪車「V-GO(ブイゴー)」や、電動小型モビリティ「Transcooter(トランスクーター)」など、さまざまなモビリティにおいて電動化を加速させるとしています。

日産も新型「シルフィ」を上海モーターショー2019にて世界初公開!

画像引用:https://newsroom.nissan-global.com/

日産では上海モーターショー2019において最新の「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術を搭載した新型「シルフィ」を世界初公開しました。

新型「シルフィ」は、燃費性能を向上させた新しいパワートレインを採用し、より低重心でワイドなスタンスとともに空力性能を向上させたエクステリアデザイン、そして広々として質感の高いインテリアを実現。新型「シルフィ」はシームレスなコネクティビティ機能と最新の安全技術によってドライバーをサポートし、そのドライビング体験を向上させたとのこと。

よりスタイリッシュなデザイン、先進のコネクティビティや安全技術などにより、新型『シルフィ』は市場を牽引するファミリーセダンとして、お客さまにこれまでにない自信とワクワクを提供します」と、副社長のダニエレ スキラッチは述べました。

レクサス 上海モーターショー2019で新型「LM」世界初公開!

 


画像引用:http://www.lexus.com.cn/

レクサス(トヨタ自動車)は4月16日(現地時間)、上海モーターショー 2019で新型「LM」を世界初公開しました。間もなく中国をはじめとした一部のアジア地域で、それぞれの地域などに応じた変更を施して発売されるとのこと。

特徴的な4人乗りのインテリアは、前席と後席の間を26インチカラーディスプレイを備える仕切りで区切り、後席は容量約14Lの冷蔵庫や傘の収納、タッチコントロールパネル付きのセンターコンソールなどを採用して“究極の快適空間”としてデザインされてます。

また、後席に配置される2席のハイバックサポートシートは、低密度のウレタンフォームを採用。ベンチレーション機能を備え、リクライニング角度は最適かつウィンドウに対する乗員の顔の位置に合わせて設計されるなど“ソファのように快適”としています。

上海モーターショー2019で見えた5Gによる自動運転の未来

世界最大の自動車展示会上海モーターショーでは、5Gによる自動運転が続々と登場しています。

上海モーターショーで発表された中国の通信会社の遠隔運転システムは、5Gの高速通信により、情報伝達の遅れが、従来のおよそ2秒から100分の1秒にまで短縮され、ほぼリアルタイムで車の状況を把握できるようになったとのこと。

今後は、タクシーや危険地帯での無人運転への応用が期待されています。

中国の人工知能開発大手「iFLYTEK」や次世代通信5Gの普及を進める通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)なども初出展していて、カーシェアなどが進む中国ですが、完全自動運転やそれに伴う移動サービスを見据え、異業種の出展も増加傾向にあります。

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。