軽自動車のタイヤ空気圧ってどれくらい?【空気圧管理のポイント】

皆さんこんにちは!マックです^ ^

車に乗っているとあまり気にしないけれど、結構重要なことが「タイヤの空気圧管理」です。

タイヤの空気圧はきちんと管理しておかなければ、最悪の場合はタイヤのバーストや思わぬ事故に繋がってしまうこともあるため、「知らなかった」では済まされません。

なので日頃からきちんと意識しておくことが重要で、安全に車を乗るためには必要なことであると認識しておきましょう。

とはいうものの、具体的にどれくらいの頻度でタイヤの空気は抜けていってしまうのか?どの程度空気を入れればいいのか?がわからなければ管理もしようがありませんよね。

というわけで今回は、「軽自動車のタイヤ空気圧」に焦点を当てて解説をしていきます。

軽自動車ユーザーの方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

【前提知識】軽自動車のタイヤ空気圧について学ぼう!


タイヤの空気圧は適正な量を充填しなければなりません。

多すぎたり少なかったりすると、タイヤ本来の性能を引き出せないほか、先ほどもお伝えしたように重大な事故にも繋がる可能性があるため、最低でも1ヶ月に1回は点検をするようにしましょう。

ではまず最初に、

  • タイヤの空気圧の減り方について
  • タイヤの空気圧が適正でない場合の症状

について解説をしていきます。

タイヤの空気圧の減り方について

実はタイヤに充填した空気というのは、自然に漏れていくということを知っておきましょう。

これを「自然空気漏れ」と言ったりもしますが、一般的に1ヶ月で5%~10%程度、タイヤ空気圧が自然空気漏れによって低下していきます。

普通に考えると、空気を充填するバルブ部分から漏れているのかと思いがちですが、これは、間違いでタイヤ全体から漏れているのが正解です。

タイヤというのはゴムでできているため、ゴムというのは空気を透過していくことから「自然空気漏れ」が発生します。

風船をイメージしてみよう

ゴムは空気を透過するって言われてもピンとこないですよね。そこでイメージしやすいもので、風船をイメージしてみましょう。

風船というのは当然ゴムでできていますが、最初はパンパンに空気を充填しますが、数時間〜数日でしぼんでしまいます。

これもタイヤ同様にゴムが空気を透過する自然空気漏れが原因で、萎んでいっているんですね。

タイヤの場合はゴム厚も風船より厚いため、風船ほど早く抜けていくことはありませんが、同じ原理であることは覚えておきましょう。

<タイヤの空気圧が適正でない場合の症状

タイヤの場合、空気圧が適正でない場合(不足・過多)、様々な症状が発生します。

例えば、タイヤの空気圧が少ない場合(不足)は、以下のような症状が発生します。

  • 片減り磨耗
  • 肩落ち磨耗
  • 燃費の悪化
  • 操縦性能の低下
  • タイヤの損傷

といった具合です。このような状態で運転をし続けると、当然タイヤにさらに負荷が加わることになるため、最悪の場合、タイヤ損傷からのバーストなどもおきてしまいます。

また反対に、タイヤの空気圧が多い場合(過多)、以下のような症状が発生します。

  • センター磨耗
  • 乗り心地の低下
  • タイヤの損傷

タイヤの空気圧不足同様に、偏磨耗や乗り心地の低下、最悪の場合バーストなども発生するため、適正なタイヤ空気圧で車を運転することが重要です。

では次に、どうタイヤを管理していけばいいのか?自分の乗っている車のタイヤ空気圧の調べ方も含めて解説をします。

スポンサーリンク

軽自動車のタイヤ空気圧ってどれくらい?【空気圧管理のポイント】


安心・安全に車を乗るのであれば、タイヤの空気圧は非常に重要。

なので、日頃の点検やメンテナンスを怠らないようにすることが必要ですが、その点検やメンテナンスはどうすればいいのか?このあたりについて、この章では解説をします。

  • タイヤの適正な空気圧について
  • 自分が乗っている軽自動車のタイヤ空気圧の調べ方【空気圧表示シール】
  • タイヤ交換してサイズを変えている場合は?
  • 見落としがちなバルブキャップについて
  • 自然空気漏れが少ない窒素

タイヤの適正な空気圧について

まずタイヤの適正な空気圧になりますが、これは基本的に乗っている車によって違うものです。

タイヤの空気圧を調べようとネットで検索をした人がある方はご存知かもしれませんが、250kPaと記載されていたり、200kPaと記載されていたりして、結局なところどれが本当なのかわかりませんよね。

これは乗っている車種によって開きがあるため、どのウェブサイトもあくまで「平均値」として記載していることからも、その数量が変わってきているというのが真実です。

そのため要するに車種やメーカーによって、空気圧の違いがあるため、自分の車の空気圧をきちんと調べる必要があるということなんですね。

ではその自分の乗っている車の空気圧はどうやって調べればいいのか?について次で解説をします。

自分が乗っている軽自動車のタイヤ空気圧の調べ方【空気圧表示シール】


実はタイヤの空気圧を調べる方法は非常に簡単です。

軽自動車はもちろんのこと、車には「空気圧表示シール」というものが貼ってあり、これを確認することでタイヤの推奨空気圧というものが記載をされています。

ではこのシールは車のどの部分に貼っているかというと、以下の通りです。

  • 運転席側のドア付近
  • 給油口付近

これらの付近に必ず空気圧表示シールは貼ってありますので、まずは自身の車を調べてみましょう。

空気圧表示シールには、タイヤサイズ・空気圧などが前輪後輪別で記載がされているはずです。

例えば、空気圧表示シールに記載されているタイヤ空気圧が、250kPaだった場合、これを基準として0~+20kPa程度の範囲内で充填をするようにしてください。

少し基準より多くても構わないのは、先ほども説明した「自然空気漏れ」を想定して調整する範囲ということです。

タイヤ交換してサイズを変えている場合は?

では次にタイヤ交換をしてタイヤサイズが変わっている場合(インチアップ等)はどうしたらいいのか?について説明をします。

結論から言うと、ブリジストンが提供している「推奨空気圧検索システム」を活用しましょう。

使い方は非常に簡単で、現在乗っている車の標準タイヤサイズや指定空気圧を入力し、サイズ変更後のタイヤサイズやロードインデックスなどを入力すると、推奨されるタイヤ空気圧を検索することができます。

なのでタイヤ交換などをして、タイヤサイズに変更がある場合は積極的に活用をしてみましょう。

見落としがちなバルブキャップについて

次に案外見落としがちな部位として「バルブキャップ」があります。

ここもタイヤ同様に使用年数が長くなると、ゴム部分の劣化などが起きて空気漏れを起こす部位になります。

そのため、空気を充填する際には毎回チェックするべき場所なので、覚えておくようにしましょう。

基本的には2~3年が寿命と言われていますが、タイヤ交換をする際には一緒に交換をすることをオススメします。

また空気漏れを点検する方法としてよく行われる方法は、石鹸水などをバルブ付近に付け、泡が発生するかどうかで空気漏れを判断する方法があります。

泡が立つようなら空気漏れを起こしているため、早々にエアバルブの交換をするようにしましょう。

自然空気漏れが少ない窒素が有効

実はタイヤの空気充填に「窒素ガス」が使えることをご存知ですか?

窒素ガスは空気と比べて先ほど説明した「自然空気漏れ」が少ないと言う特徴があります。そのため空気圧が減っていくスピードも抑えられるため、タイヤで起きる様々なトラブルも減少します。

なのでタイヤ空気を充填する際には、窒素ガスを充填することをオススメします。

とはいえ窒素ガスだと絶対に漏れないと言うことでもないので、1ヶ月に1回程度の点検は忘れないようにしましょう。

【結論】軽自動車のタイヤ空気圧は定期点検を怠らずに!


ここまでに説明したように、タイヤの空気圧管理というのは非常に重要なので、安全に車を運転するためには定期点検を怠らずにするようにしましょう。

ガソリンスタンドでも空気圧は簡単にはかれるので、ガソリンを入れる際に一緒に確認することをオススメします。

その際、基準よりも少ないようなら一緒に充填するだけなので簡単です。

【完結】軽自動車の車検費用から必要書類・相場まで【まとめ】

2019.04.24

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。