車を乗り換える良いタイミングは?【ベストな時期を解説】

2年、3年と同じ車に乗っていると

そろそろ新しい車欲しいな〜

って思い始めますよね^ ^

僕なんか買って満足しちゃうタイプなんで1ヶ月乗るだけでも思っちゃったりもします(笑)

でもやっぱり車って高価なお買い物なのでしょっちゅう買い替えることなんて無理^^;

こんな時アラブの石油王なんかは思い立ったらすぐ買い替えちゃうんでしょうけどね(笑)

そこで今回は

一般市民である僕らはどういったタイミングで車を乗り換えていくのがベストなのか?

ここに焦点を絞って説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

車を乗り換えるのに良いタイミングって?

車を乗り換える理由は様々あると思いますが、せっかく乗り換えるのであれば良い時期に乗り換えることで無駄な出費を抑えることができます。

それはズバリ1月〜2月。

なぜかというと車には毎年来る税金の自動車税があります。

自動車税については「車を売却する際の税金(自動車税と重量税)についてまとめてみたよ」の記事でまとめていますので、わからない方は合わせてご覧くださいね^ ^

自動車税は毎年4月1日時点での車の所有者に対して請求書が送られて来る仕組みの税金です。

なので1〜2月の車を乗り換えることで、この自動車税を支払わずに済むってことなんです。

でも4月1日時点での所有者なら3月末日までよくない?

って思われるかもしれませんが、ここで注意するポイントがあります。

3月に車を売却して乗り換えをした場合、買取業者サイドの手続きするスピードによっては車の名義変更手続きが4月をまたいでしまう可能性があるってことです。

その場合、請求書は名義変更手続きが終わっていないので、当然売却前の持ち主に届いてしまうってことなんですよね(笑)

もちろん買取業者に連絡をすることで、これらの問題は解決しますが、売却も終わっているのに無駄な労力を使うのって結構面倒ですよね^ ^

なのでスムーズに売却をしたい!って思っている方であるなら、1〜2月に売却手続きを全て終わらせておくと、無駄な労力もかけなくて済むので頭に入れておくと良いかもしれません^ ^

税金が上がる前も検討の余地あり

車にかかる税金といえば自動車税重量税がありますが、この税金ってある一定の期間を過ぎると上がってしまうんです。

自動車税の場合は、初年度登録(新車時)から13年。※ディーゼル車の場合は11年

重量税の場合は、初年度登録(新車時)から13年。18年以上経つとさらに増税。

なんだそれ!って感じですよね^^;

重量税にいたっては重さにかかる税金なのに重さ変わってないじゃん!って感じです(笑)

いずれにせよ自動車税も重量税も13年経つと増税するので、この前に乗り換えをするのはある意味良いタイミングなのかなって思います。

年式と走行距離は買取価格に影響する

車を乗り換えようと思った時に気になるのが買取価格

当然新しい車を買うための軍資金になる場合が多いと思いますが、注意しておきたいのが車の年式と走行距離

ぶっちゃけた話、この買取価格のことを考えなければ国産車っってかなり長〜く乗れます。

乗れなくなるというよりは長く乗った分の使用感が出るって感じです^ ^

よく港では10万キロ乗ると車はダメになるなんて話がありますが、これはもう一昔前の話で、現在売られてる国産車はメンテナンスだけしておけばいくらでも乗れちゃいます

なので大事に乗っている分には買い替える必要性ってそこまでないんですけど、買取価格のことを考えるのであれば話は別

やっぱり中古車市場っていうのは未だに年式と走行距離というのが重要な要素であることには変わりがなく、当然買取価格にも影響があります。

なので、乗り換えを検討しているのであればご自身が乗っている車の年式・走行距離っていうのはかな〜り見ていた方が良いと思いますよ^ ^

ではだいたいどれくらいの年式・走行距離であれば値段のついた買取価格になっていくのか?説明しますね^ ^

車の乗り換え時期に影響してくる年式

まずはじめに車の年式。

当然年式が新しければ新しいほど、車の買取価格は高くつきます。当たり前といえば当たり前ですね(笑)

ただここで知っておきたいのは、どの程度の年式までであれば高く車を買い取ってくれるのか?ってことです。

乗り換える際の軍資金は高ければ高いほど良いですもんね^ ^

車の年式で比較的値段のついた価格帯で買い取ってもらえるラインはズバリ3年〜5年以内

要は遅くとも5年以内に乗り換えをすれば、車の価値(買取価格)は比較的つきますよってことです。

車の査定って実は年率によってどんどん価格が下がっていくんですが、初年度登録(新車)から5年程度経つと買取価格は新車価格の40%程度とか言われています。

例えば100万円の車だと40万ってことですね^ ^

なので車の乗り換えを検討するのであれば、比較的値段のつく5年以内に乗り換えをすることで、新しい車の購入資金にも当てられるということです。

買取価格に影響する走行距離

次に車の走行距離について。

車の走行距離も年式同様に少ない方が値段がつきます

走っていない車の方がパーツや部品も磨耗していかないので当然ですね^ ^

ではどのくらいの走行距離であれば年式同様に買取価格も比較的高い値段がついていくのか?説明しますね。

分かりやすい一つの目安は50,000キロ

やっぱり車に乗っているとメンテナンスをする人としない人って別れてきますよね?

特にメンテナンスをあまりしない人である場合、乗れば乗るほど車の状態がどんどん悪くなっていきます

そこで一つの目安になて来るのが5万キロになって来るんです。

それ以上あまりメンテナンスをしないまま乗っていくと、修理代等が高くつく車になってしまうので、当然車の買取価格は下がってしまいます。

また中古車を選ぶ際のユーザー自体も5万キロ以内の車を探していることが多いので、当然、すぐ売れる車と言うのは比較的値段のついた状態で買い取ってもらえます

てなわけで一つの走行距離の一つの目安が5万キロってなって来るんですね^ ^

ただし買取の際に走行距離より重要な要素があります。

それは車のコンディション

要はメンテナンス状態のことですね。

走行距離はあくまで目安であって、車の状態が良いか悪いか?の方がよっぽど重要になってきます。

同じ車種でも、3万キロしか乗っていないけどオイル交換なんて車検以来やってないって車と、走行距離は5万キロだけど5,000キロごとに必ずオイル交換をしてきた車では後者の方がおそらく高い値段で買い取ってくれるでしょう。

それくらい車のメンテナンスって大事ってことです。

なので走行距離も重要ではあるけれども、日々の車のメンテナンスに気を使っていく方が、後々車を乗り換えようと思った時に差が出るんだなってことは知っておいた方が良いかもしれませんね^ ^

スポンサーリンク

車を乗り換えるタイミングはやっぱり車検前がおすすめ

車を乗り換えるタイミングでやっぱり考えるのが車検ですよね^ ^

車検の費用自体にもまとまったお金が必要になりますし、タイヤ交換部品交換なんかが多かったりするとさらに膨れちゃうこともあったり(笑)

なのでやっぱり車検の時期が近づいて来ると

そろそろ車を乗り換えようかな〜

ってなりますよね^ ^この考えはもちろん正解なんですが、1点だけ注意しておくと車を乗り換える際に有利になることがあります。それは、

車検が残っている状態で買い取ってもらう

ってことです。

今回車検を通したから次回の車検で車を乗り換えよう!って考えていた場合、車検が切れるギリギリまで乗りたいですよね^ ^

ギリギリまで乗って車を乗り換えた方がお得!って考えるのが普通ではありますが、案外車検を半年〜1年残した状態で売却した方が結果的にお得になることもあります。

そんなに車検残しちゃ勿体無いな〜

って思うかもしれませんが、買取をする業者は当然、再販をしますよね?

我々ユーザー側がその再販された車を購入していくわけですが、中古車を選ぶ際に、車検があるか無いかって結構見ませんか?

中古車を探していて車検が無い車だと僕なんかは結構スルーしちゃいます(笑)

要はユーザー側も車検がある状態の車を望んでいる場合が多いので、結果的に車がすぐ売れるってことに繋がるんですね^ ^

当然、買取業者にとって車がすぐ売れると言うのは重要な要素であるので、買取価格にも影響してくるってことなんです。

なので、案外車検をある程度残した状態で売却した方が値段がついて、結果的に車を買い替える際の軍資金になるってことなんです^ ^

なので今回は車検通したけど次回の車検では乗り換えよう!って考えている方なんかであれば、1年残した状態で一度査定してもらうとかしてみると案外嬉しい結果が待ってるかもしれませんね^ ^

まとめ

今回の内容はいかがでしたか?

少しでもためになってもらえたなら嬉しいです^ ^

今回の内容を少しまとめると、車を乗り換えるのであれば、

  • 税金の納税時期の前に手続きをしておくと良い
  • 手続き関係は1〜2月にやっておくと確実
  • 税金が上がる前に乗り換えるとお得
  • 年式は3〜5年以内がベスト
  • 走行距離は5万キロが目安
  • 年式・走行距離よりもメンテナンスに気を使うべし
  • 車検は少し残した状態で乗り換えた方がお得

こんな感じですね^ ^

今回説明した車を乗り換えるタイミングはあくまで目安なので、参考程度で受け取ってもらえればと思います。

当然家族構成の変化など様々な事情がありますからね^ ^

最後までご覧いただいてありがとうございました*\(^o^)/*

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。