自動車保険で台風を補償するのは車両保険だけ【補償範囲を解説】

こんにちは!マックです^ ^

毎年夏ごろになると台風シーズンが到来します。

屋外に駐車している車も、場合によっては台風の餌食になってしまうこともあるかもしれないですよね。

実際に被害に遭ってしまったらどうしよう…。

最近ではゲリラ豪雨など、予測ができないような雨もあり心配事がつきませんよね。

でもそんな時に頼りになるのが、自動車保険にある「車両保険」

台風やゲリラ豪雨などで被害に遭った場合、その被害に応じて補償をしてくれます。

でも台風の被害とていっても、色々な被害が想定できます

そこでこの記事では、台風被害に遭った場合に補償をしてくれる車両保険は、

  • どの程度の被害であれば補償をしてくれるのか?
  • 何か条件のようなものはあるのか?
  • 台風被害で保険を利用したら等級はどうなるのか?

この辺りの疑問にについて深掘りをしていきます。

スポンサーリンク

自動車保険の台風被害はどこまで補償してくれる?

台風被害と一口にいっても様々な被害が想定できますが、具体的な例をあげると以下の通りです。

  • 暴風による飛散物で車が傷つく
  • 暴風で木が倒れてきて車が破損した
  • 強風にあおられて横転した
  • 冠水して車が水没した
  • 豪雨による土砂崩れに巻き込まれた

それでは説明をしていきます。

暴風による飛来物で車が傷つく

台風で一番心配なことといえば、暴風による飛来物

ニュースなど見てても、台風の影響で看板が吹き飛ばされたり、屋根が飛ばされるなんてことはよく目にします。

でもこれらの飛来物で車が傷ついてしまった場合は、車両保険の補償範囲なので安心です。

暴風の影響で木が倒れてきた場合も補償範囲

また、暴風の影響で木が折れる・倒れるといったこともよくあります。

これらの影響で車が破損した場合も、車両保険の補償範囲なので覚えておきましょう。

強風による影響で車が横転しても補償

以前にも大阪にきた台風で、トラックや軽自動車が強風で横転している映像などがニュースでも流れました。

ああいった場合も車両保険の場合、補償範囲なので安心です。

冠水して車が水没した

また台風の場合、強風や暴風だけではありませんよね。

ゲリラ豪雨などによって、道路が冠水してしまうといったことも想定できます。

しかし車両保険の場合、冠水した影響で車が水没してしまっても補償範囲になります。

よくあるのが一般道路は平気だったけれども、ガード下をくぐったら冠水していて水没してしまったようなケースもありますが、これらも車両保険でカバーすることができます。

立体駐車場が冠水した場合も補償

また最近では駐車場も立体駐車場が増えてきましたが、豪雨などによって冠水してしまうケースもあるかと思います。

しかし車両保険に加入をしておけば、これらのケースであっても補償をしてくれます。

豪雨による土砂崩れに巻き込まれた

都市部に住んでいる人は、あまりピンと来ないかもしれませんが、山間部などに住まわれている人にとって、土砂崩れは一番心配な自然災害です。

山間部の場合、山肌に道路が作られているため、通らないわけにもいきません。

不運にも豪雨の影響でおきた土砂崩れに巻き込まれて車が傷ついたといったケースもあるでしょう。

そういった場合も、車両保険の場合、損害を補償してくれるので安心です。

なお車自体の損害は車両保険になりますが、仮に土砂崩れ被害などによって本人や乗車中の人が怪我などをした場合は、人身傷害保険搭乗者傷害特約といった別の自動車保険でカバーすることになります。

人身傷害保険などについては「自動車保険の人身傷害ってどんな補償?【補償金額の決め方】」の記事で説明をしているので、そちらをご覧ください。

スポンサーリンク

自動車保険は台風の場合に何か条件はあるのか?

ある程度台風で起きた損害については、補償されることが理解できたと思います。

では台風の影響で自動車保険を利用する場合、何か条件などがあるのか?

この部分って気になりますよね。具体的に覚えておくことは3つだけです。

  • 免責金額(自己負担額)
  • 補償タイプ
  • 利用したら1等級下がる

では説明していきます。

免責金額(自己負担額)

車両保険の場合、免責金額というものがあります。

これはいわゆる自己負担額のことで、要するに事故が起きた場合いくらまでを自己負担にするかという取り決めをする必要があります。

これはほとんどの車両保険にある項目で、この免責金額が大きいと保険料も下がり、反対に少ないと保険料が上がります。

では実際に台風による損害が出た場合、どういった内容なのか例を挙げます。

【例】
台風による被害(損害)= 100万円
あらかじめ設定した免責金額 = 50万円
100万円(損害) ー 50万円(免責金額) = 50万円(補償額)

このように免責金額は自己負担の額になるため、台風による被害がどれくらいの損害なのかによって、自動車保険を使う必要があるのか見ていく必要があるということです。

補償タイプ

車両保険には、一般型エコノミー型というものがあります。

エコノミー型とは、いわば補償範囲を狭めて一般型より保険料を抑えている商品です。

基本的にどちらのタイプであっても、台風で起きた損害を補償範囲としている保険会社がほとんどではあります。

しかしエコノミー型の場合、保険料を抑えるために台風で起きた損害を補償範囲から外していることもあるので、エコノミー型を契約している人は一度確認して見るようにしましょう。

台風被害であっても利用したら1等級下がる

台風による被害は、自分の運転や相手の運転などによる過失ではないため、等級に影響はないのか?と疑問に思われるかもしれません。

しかし台風のような自然災害で被害であっても、自動車保険を利用したら等級は下がります。

具体的には1等級ダウン事故として扱われるので、利用する場合はこのことは覚えておくようにしましょう。

まとめ

今回の内容はいかがでしたか?

台風などの自然災害はいつ起きるかもわからないので、実際に損害が出た時はどこまで補償されるのか心配なとこでもありますよね^ ^

基本的に台風などで起きた損害は、車両保険で対応できるということは覚えておくようにしましょう。

車の価格がぐんぐん上がる!愛車を最速・最高額で売る方法

車を高く売るには業者の相見積もりが必須条件。

しかしその為には大量の営業電話がきたり、査定を業者の数だけしなければいけませんよね。

そこでおすすめなのが、最大5000社から査定価格を比較ができる「ユーカーパック」です。

簡単な情報をたった30秒で入力したら、すぐに概算金額が表示されます。

本査定も連絡もユーカパックの1社だけですむので、電話が大量になることもないです。

またユーカーパックが査定したデータを元に最大5000業者が車を入札するので、高額査定が出やすいのも特徴。

車を買い換える時はだいたいネットなどで検索をしますよね。

でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。

公開されている車両というのは人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。

でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか?

それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。

中でも有名なのが「ズバット車販売」で、一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。

また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

18歳で初めて乗った車がアストロ(アメ車)^ ^身内にディーラー役員がいる根っからの車大好き家庭に育つ。ムーブやエスティマ、レクサスisF、ベンツS600Lと今まで乗ってきた車は10台以上の車マニア。